声優・野島裕史オススメの自転車漫画とは? 「自転車好きじゃない人にも読んでほしい!」

TOKYO FM+

2019/10/12 11:00

声優の野島裕史が、自転車をテーマにお届けしているTOKYO FMの番組「サイクリスト・ステーション ツアー・オブ・ジャパン」。10月6日(日)の放送では、野島が“ぜひ多くの人に読んでほしい”と言う、「自転車をテーマにした漫画作品」を紹介しました。


おすすめ作品「じこまん~自己漫~」を紹介する野島。昨今は、電子書籍で気軽に楽しめるのも魅力

★趣味には“自己満足”が大事だと感じさせてくれる1冊
この日、野島が紹介したのは、自転車をテーマにした大ヒット漫画「かもめ☆チャンス」作者・玉井雪雄さんによる「じこまん~自己漫~」(日本文芸社)。野島による書評はこちら(以下、野島談)。

この漫画は、作者の玉井雪雄さんが、いかにロードバイクにハマったか、そして、どのように楽しんでいるかをまとめたエッセイ漫画のような作品です。僕がこの番組でよくお話しているようなこと、例えば自転車に関しての思い出や思っていることを、漫画を通じてすごくわかりやすく表現しているのが魅力的です。

そして、自転車あるある。サイクリストなら共感できるような内容がたっぷりと描かれています。例えば、自転車に出会うまで、100kmの距離は、車や電車じゃないとありえない距離だったのに、(自転車に乗りはじめると)「100kmは長距離じゃないでしょう」って言ってしまうとか。自転車にも、ランナーズハイのような気持ちいい瞬間が訪れるとか。
「富士ヒルクライム」への挑戦もそうですし、自転車は“一生モノ”だと思って大枚叩いて買ったのに、いつの間に8台も所有しているとか。この辺も共通項をすごく感じました。

調べてみたら(作者・玉井さんの)年齢も、僕と近くて、体力面での戦いや体重を落としていく姿といった、40代以上にしかわからないようなギャグが散りばめられていて、飽きることなく読み進められます。

説明も上手だし、なにより絵があるので、ロードバイクに詳しくない方でも読んでいるうちに詳しくなって、“ロードバイクに乗ってみたいな”と思っていただけるような作品になっているんじゃないかなと思います。

そして、この漫画「じこまん~自己漫~」のタイトルにもなっている“自己満足”の略「じこまん」。漫画を読んで、僕もこの「じこまん」パワーで自転車好きを続けているんだなと、改めて感じました。

自己満足は、趣味の世界ではすごく大事。この「じこまん」が日々の生活に刺激や潤いを与えてくれているんだなと思いました。“坂道が大好き”って言っても、結局は「じこまん」なんです。だから、なかなか番組のスタッフさんに共感してもらえなかったりもするんですが……(笑)。気軽に楽しめて、電子書籍でも読めるので、ぜひ読んでみてください!

さて、10月13日(日)の「サイクリスト・ステーション ツアー・オブ・ジャパン」では、当番組プロデューサーが愛車の「BROMPTON(ブロンプトン)」とともにイギリスに行ってきた模様をコラムでご紹介します。サイクリストならではの楽しみ方や、海外旅行の注意点を肌で感じた出来事とは……? どうぞお楽しみに!

----------------------------------------------------
【▷▷この記事の放送回をradikoタイムフリーで聴く◁◁】
聴取期限 2019年10月14日(月・祝) AM 4:59 まで
スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:サイクリスト・ステーション ツアー・オブ・ジャパン
放送エリア:TOKYO FMをはじめとする、JFN全国22局ネット
放送日時:TOKYO FMは毎週日曜朝5:00~5:30(JFN各局の放送時間は番組Webサイトおよびアプリ「JFN PARK」でご確認ください)
パーソナリティ:野島裕史
番組Webサイト:http://www.jfn.jp/toj
番組公式Twitter:@TOJ_info

当記事はTOKYO FM+の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ