滝沢秀明副社長が災害復旧活動で見せる“スキルの高さ”の理由

アサジョ

2019/10/12 10:15


 King&Princeの平野紫耀、高橋海人、永瀬廉が主演する舞台「ジャニーズ・アイランド」の制作発表会見が10月8日に行われた。この舞台は7月に亡くなったジャニー喜多川前社長が作・構成・演出を手掛けた世界平和や地球の尊さなどをテーマに、2012年に「ジャニーズ・ワールド」の名前で初演された人気シリーズ。この作品のプロデュースに携わるジャニーズ事務所の滝沢秀明副社長は、「この作品がジャニーイズムの集大成」と位置づけ意気込みを語っている。

9月27日にジャニーズ事務所の副社長に就任した滝沢氏だが、10月3日に配信された「NEWSポストセブン」によると、副社長就任が発表される10日前。台風15号で大きな被害を受けた千葉県館山市でボランティア活動を行っていたことが明らかになった。

「滝沢氏は、『ボランティア団体の紹介で来ました』と言って現れると、持参したチェーンソーを見事に使いこなし、倒れた木を手際よく切断してテキパキと(ジャニーズ事務所)若手を差配しながら、あっという間に庭を片付けてお礼を言う間もないくらい颯爽と次の現場に去っていったと報じられています」(女性誌記者)

しかも、そのメンバーの中にはプライベート写真流出問題で年内活動を自粛している「HiHi Jets」の2人も同行していたとの目撃情報も。

「滝沢氏は2004年の新潟中越地震から積極的にボランティア活動に参加。東日本大震災や昨年7月の西日本豪雨でも被害の大きかった岡山県入り。今回の千葉にも3度足を運びボランティア活動を行っています」(前出・女性誌記者)

炊き出しなどで被害者を励ますタレントが多い中、自ら汗をかき災害復旧活動に取り組んできた滝沢氏。このスキルを一体どこで磨いてきたのか。

「滝沢氏は、2018年1月に放送された番組『クレイジージャーニー 正月SP』(TBS系)に出演した際、自身が“火山探検家”であるとコメント。しかも滝沢氏が行く溶岩湖は、煮えたぎるマグマが今も吹き出しているまるで地獄絵図のような場所。さらに滝沢氏は世界で5箇所しかない溶岩湖の内、探検が許可された4箇所をすでに制覇していることも明かしています」(テレビ誌ライター)

ジャニー喜多川氏が亡くなり、このタイミングで副社長に就任した滝沢氏。この度胸の良さは、火山探検を通して身につけたものなのか。まずはお手並み拝見!?

(窪田史朗)

当記事はアサジョの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ