【ドコモ2019冬春】Xperia 5の実機が超握りやすくて欲しくなった!


●高性能をみっちり凝縮したお手頃Xperia
NTTドコモは、ソニーモバイルコミュニケーションズ製の6.1インチ有機ELスマートフォン「Xperia 5 SO-01M」を、2019年11月1日に発売します。ドコモオンラインショップにおける端末価格は79,920円(税別)。この2019年夏からドコモが導入した端末購入補助「スマホおかえしプログラム」の対象機種でもあり、同プログラム適用時の実質負担額は58,608円(2,442 円×24回、税込)となります。

○ギュッと握りやすいぞXperia 5

Xperia 5はこの夏に発売した「Xperia 1 SO-03L」の機能や魅力を、より小さなボディに凝縮した製品。Xperiaを長年使い、Xperia 1も買ってしまったユーザーとして初見で惚れたポイントは、Xperia 5が片手で握りやすいこと、でした。

もちろんXperia 1の横幅(約72mm)でも十分細いため、片手で握れますが、Xperia 5はそれよりも横幅がさらに細い約68mmに抑えられています。たった4mm、されど4mm。実機を握るとより持ちやすい印象を受けました。本体にケースを付けると幅が数mm増すのでなおさらでしょう。

○21:9の画面はWebやSNSを見るときにも便利

ディスプレイのアスペクト比は、Xperia 1と同じ21:9。この比率は、映画に使われるいわゆるシネマスコープ2.35:1(ワイドより更に横長な画面比率)に近しく、映像コンテンツなどが視聴しやすい比率です。

ちなみに画面(どちらも有機EL)はXperia 1が約6.5インチ、Xperia 5が約6.1インチ。解像度はXperia 1が3,840×1,644ドット、Xperia 5が2,520×1,080ドットとなっています。

もちろんテレビドラマなどを含むほとんどの映像はアスペクト比16:9で制作されているため、21:9での表示には向きませんが、Netflixなどで配信されている映画の視聴にはうってつけの比率です。

では、映画をあまり見ない人にとっては21:9のメリットはないのでしょうか。というと、そんなことはありません。21:9のメリットは映画視聴などの他にも、WebサイトやSNSの閲覧時に役立ちます。

実際にマイナビニュース(弊誌)のサイトを閲覧してみました。ほとんどのWebサイトはスマホ版とPC版が用意されています。PCの横長表示と異なり、スマホ版の表示では縦にスクロールしながら文字を読んでいくのが一般的。16:9の比率を採用するスマートフォンよりも、Xperia 5のように画面が長い製品であれば、一度により多くの情報を表示でき、スクロールの回数が減ります。また本機には、2つのアプリ(SNSとWebブラウザ、地図とYouTubeなど)を上下に同時表示する、縦長ならではの機能もあります。

●指が上まで届かない、そんな時は片手モード
一方で、画面が縦に長いことで感じるデメリットもあります。それは画面の上まで指が届かないことです。物理的に仕方がないといえばそうなのですが、一番上にあるアイコンをタップしたり、上から下に向かって通知センターを引っ張り出す際、この縦に長い画面が逆に厄介な存在になってしまうのです。

その点はソニーモバイル側も理解しているようで、解決策が用意されています。ホームボタンを2回タップすると、画面全体が縮小する「片手モード」に。これで、それまで指の届きづらかった箇所もタップしやすくなります。

それでも縦に長い表示であることには変わりないですが、Xperia 5を購入予定の方は覚えておくと便利でしょう。この片手モードですが、左端・右端のどちらに寄せるのかもユーザー自身が好きなように選択できるので、こうしたUIの工夫はうれしいポイントです。
○モバイルゲームが遊びやすくなった

Xperia 1から追加され、Xperia 5でも引き継がれた機能の1つに「ゲームエンハンサー」というのがあります。通知を一時的に無効にし、ゲームプレイを阻害しないようにするほか、プレイしている映像の録画や配信を行ったりできる機能です。

Xperia 5では、上記に加え、ゲームプレイ中の表示内容を1秒間に20コマも高速で連写して保存できる「スクリーンショットバースト」機能が追加されたほか、プレイを録画した時の声を変えられる「ボイスチェンジャー」機能が追加されました。

特に、スクリーンショットバースト機能はゲームのハイスコアを記録しておくのに使えたりと、何かとヘビーゲーマーに刺さりそうな印象でした。

また、この他にもXperiaシリーズでは以前から、プレイステーション4(PS4)用コントローラー「DUALSHOCK4」を接続し、PS4のゲームをリモートプレイできる機能が用意されていました。

Xperia 5では、DUALSHOCK 4をBluetooth経由でスマートフォンと接続し、新たにモバイル向けの「フォートナイト(Fortnite)」で、DUALSHOCK4の全機能をつかって遊べるようになりました。会場にいた説明員によると、今後は対応するゲームも徐々に増えていくとのこと。タッチよりもボタンでの操作の方がゲームをしやすいと感じる時もあるでしょう。今後に期待したいところです。
○Xperia 5を待ちたかった(願望)

Xperia 1をこの夏に購入した筆者ですが、ドコモ版Xperia 5に触れたときの喜びと同時に、ちょっとだけ残念に感じたこともありました。

それはXperia 1でなくXperia 5を待ってもよかったというちょっとした後悔でした(笑)。毎度のことながらXperiaは約半年で新製品が投入されていくため、発売日初日に購入しても半年経過すると型落ちしていきます。

限られた時間の中ではありますが、実機に触れて感じ取れたのは、Xperia 1ではなくXperia 5こそ、筆者にとっての本命だったのかもしれないということ。確かに解像度は最高峰、画面サイズも大きく、コンテンツをじっくり見る・撮るならXperia 1のほうがよいのは間違いない。だけどそこまでの画面性能を求めないなら、持ちやすくなったXperia 5でもよさそう。Xperia 5の握り心地、惚れ込み注意。

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ