1957年創業の老舗の定食屋で味わう絶品の豚の生姜焼き / 東京都渋谷区恵比寿の「こづち」

GOTRIP!

2019/10/9 01:13

香ばしい豚肉の香りに、ショウガの味わいと醤油の焦げた味わいに甘みのある妖艶なタレ。

ご飯の上にタレと一緒にのせて、アツアツのご飯と一緒に頬張れば…… そんな料理の味わいを想像するだけで唾液が溢れてくる料理の1つと言えば豚の生姜焼き。

日本各地に存在している定食屋や洋食店、そして喫茶店などでも味わえる生姜焼きには、様々なスタイルの豚の生姜焼きが存在しており、日々多くの人々がその味わいを楽しんでいるのだ。

そんな美味しい生姜焼きの中から、今回は1957年(昭和32年)創業の老舗の定食屋で味わえる絶品の生姜焼きをご紹介したい。

お店の名前は「こづち」だ。

・恵比寿に佇む1957年(昭和32年)創業の老舗の定食屋「こづち」
こちらのお店、恵比寿の路面に佇む1957年(昭和32年)創業の老舗の定食屋さん。

1957年(昭和32年)と言えば、NHKと日本テレビがカラーテレビの実験放送を開始し、東海村原子力研究所に初めて”原子の火”が点火され、日本でコカ・コーラの販売がスタートするという、戦後から現在への加速度的な近代化が進む、まさに激動の時代。

そんな時代から今も変わらず、恵比寿の街の変遷を他所に、今なお多くの人々にウマイ定食を提供し続けているのだ。
IMG_1219

・様々なメニューの中でオススメなのが肉生姜定食
こちらのお店において豚の生姜焼きは「肉生姜定食」として提供されている。
IMG_1253

注文すると、淀みなく厨房に注文が通され、定食が目の前に提供される。

その洗練されたオペレーションに驚いてしまうかもしれない。

そんな素早く提供される肉生姜定食は食べ応え抜群。

ご飯は通常の定食屋よりも多く、茶碗でいうと2杯分以上はあるほどのボリューム。
IMG_1241

しかし、このボリュームたっぷりのご飯も、美味しい豚の生姜焼きと一緒に味わえば、一瞬で無くなってしまうのだ。

分厚い豚のロース肉を焼き上げて特製の生姜ダレをかけた、豚の生姜焼きはまさに絶品。

分厚いロース肉であるにも関わらず、非常にしっとりと柔らかい火の通し方は、職人技と言っても過言ではない。

そんな分厚い豚の生姜焼きはご飯との相性も抜群だ。
IMG_1242
IMG_1243

昭和から平成へと、大きく街の形を変えてきた恵比寿。

大きく街の形が変わっても、変わらないでいてほしい、そんな風景がある。

もし恵比寿を訪れるのであれば、美味しい生姜焼きと一緒に昭和から続くこちらのお店が持つ歴史そのものも、味わってみてはいかがだろうか。

この味わいがこの恵比寿に残っているという事実に、驚きとともに感謝の気持ちを感じてしまうに違いないのだ。

Post: GoTrip! https://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア

店名 こづち
住所 東京都渋谷区恵比寿1-7-6 陸中ビルハイツ 1F
時間 10:30~17:00
休日 毎月1・12・13・26日

IMG_1211

IMG_1213

当記事はGOTRIP!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ