北山宏光、2年ぶり主演舞台が台風で一部延期も「なるべく早く判断」


アイドルグループ・Kis-My-Ft2の北山宏光が11日、東京グローブ座で行われた主演舞台『THE NETHER(ネザー)』の公開ゲネプロに出演し、中村梅雀、シライケイタ、平田満とともに取材に応じた。

ジェニファー・ヘイリーによる同作は、英国The Royal Court Theatreで上演されると、批評家たちから絶賛され、2015年のローレンス・オリヴィエ賞では作品賞を含め4部門にノミネート(舞台装置で最優秀賞)された。「ネザー/NETHER」と呼ばれるインターネット上の仮想空間で犯罪を取り締まっている捜査官・モリス(北山)を主人公に、「人の欲望の暴走」と「倫理の危うさ」という普遍的な問題を、たった5人の登場人物で鮮やかに描く。

2年ぶりとなった舞台主演に、「もう2年経ったんですね。また舞台に戻ってこられるのは嬉しかったです」としみじみする北山。フォトセッションではガッツポーズを求められたが、ベテラン陣との並びに「これで『イエーイ!』みたいなのやってって! キスマイの時と同じ扱いしちゃダメなんですよ!」と抗議する。

日本語のイントネーションも改めて教わったという北山に、梅雀は「若い人に多いけど、接続詞が上がっちゃうクセがあったり、名詞より動詞が上がっちゃったり、意味がわからなくなっちゃうので」と説明する。北山は「レコーダーを持って梅雀さんに『1回お願いしてもいいですか!』と録音させてもらって、寝る前に梅雀さんの声を夜な夜な聞いて。7シーンくらい読んでもらいました」と明かした。

見どころを聞かれると、梅雀は「洋服を着て、梅雀が見せたことない演技をしてますね。かわいらしくみえればいいんですけど」、北山は「三角関係。いろんな意味で三角関係なんですよ。皆さんが想像するのではない三角関係」と期待を持たせる。平田は「早替わりかな。けっこうがんばってやってます」、シライは「苦闘の1カ月をどうにかみていただければいいなと思います」と語った。

台風19号の接近により、あす12日の公演は20日に振り替えられることになった。北山は「残念ながら、皆様の安全とか交通とか考えて。なるべく早く判断しようということで、昨日の段階でジャッジさせていただきました」と説明し、梅雀は「北山くんのファンはどんな嵐だろうが来ちゃいますから」と周囲を和ませた。

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ