ヘンリー王子、世界メンタルヘルスデーにエド・シーランと啓蒙活動

クランクイン!

2019/10/11 18:35

 亡き母ダイアナ妃の意志を受け継ぎ、チャリティ活動やメンタルヘルスなどの啓蒙活動に力を入れる英王室のヘンリー王子。10月10日の世界メンタルヘルスデーには、歌手のエド・シーランと共に力を合わせ問題に取り組む大切さについて語った。

ともに“ジンジャー(赤毛)”という共通点のあるヘンリー王子とエドは、この日のためにユーモアにあふれる動画を作成した。

ヘンリー王子とメーガン妃の公式インスタグラムに投稿された動画の中で、ヘンリー王子が「世界中に苦しんでいる人がいるのに、この問題について十分な話し合いがされていない」と意見を述べると、「実はこの件について人々にもっと知ってもらうために、曲作りに取り組んでいる」と伝えるエド。

エドの協力を喜ぶヘンリー王子。しかしエドが「世間は僕たちのような人がどんな思いをしているか知らない」と語ると、「え?」と困惑した表情に。「ジョークのネタにされたり陰口を叩かれたり。今こそ、僕たちは立ち上がり、“もう我慢ならない。僕たちは赤毛だ。闘うぞ”と声にするべきだ」と続けるエドに対し、「そうか。ちょっと気まずいな。誤解があるようだ。世界メンタルヘルスデーについての話だよね?」とヘンリー王子が確認。

すると「分かってるよ」と言いつつ、エドは慌てた様子で持ってきたパソコンに書いてあったプレゼンの資料から「Gingers Unite(赤毛、団結)」という見出しを削除するというオチが付いている。

ヘンリー王子とエドはユーモアたっぷりの動画の最後を、「この世界メンタルヘルスデーに手を差し伸べてください。友人、他人、人知れず悩んでいる人を気にかけてください」というメッセージで締めくくっている。

引用:「サセックス公爵夫妻」インスタグラム(@sussexroyal)

当記事はクランクイン!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ