7ORDER projectメンバーの森田美勇人主演で『7ORDER』のスピンオフ 『RADICAL PARTY -7ORDER-』の上演決定

SPICE

2019/10/11 19:24



2019年12月27日(金)~12月29日(日)大阪・梅田芸術劇場 メインホール、2020年1月15日(水)~1月19日(日)東京・TBS赤坂ACTシアターにて、舞台『7ORDER』のスピンオフ作品『RADICAL PARTY- 7ORDER -』の上演が決定した。

7ORDER projectとは、安井謙太郎、真田佑馬、諸星翔希、森田美勇人、萩谷慧悟、阿部顕嵐、長妻怜央の7人が「Happy をみんなで作りあげていく」をモットーに、音楽、演劇、アート、ファッションなど一人ひとりがジャンルレスに挑戦していき、その経験や才能を混ぜ合わせ、自分たちなりの新たなエンターテインメントを創造していくプロジェクトだ。

プロジェクトの第一弾として、2019年8月22日から東京・天王洲の銀河劇場、9月5日から兵庫・AiiA 2.5 Theater Kobeで上演された舞台『7ORDER』のチケットは即日完売。27公演に及ぶ7人での初舞台は、大好評のうちに幕を閉じた。

そんな彼らが次に挑むのは舞台『7ORDER』のスピンオフ作品。主演は森田美勇人が務め、本作品では自らダンスの振り付けや、衣装のセルフプロデュースも担うことが決定。森田でしか表現することができない唯一の世界観を、ダンスと音楽、ファッションで作り上げる。そんな空間を生で体感して楽しもう。

『RADICAL PARTY -7ORDER-』は舞台『7ORDER』の新しいストーリーになる予定。森田の脇を固めるのは、ダンスキャリア20年、マドンナのバックダンサーとしてワールドツアーや、リオ五輪閉会式での日本プレゼン「SEE YOU IN TOKYO」にも参加したダンサー仲万美、僅か3歳でステージデビューし7歳でジュニア全米ダンス大会でチャンピオンを獲得。そして圧倒的なパフォーマンスを武器とする丞威、『ライオン・キング』(劇団四季)ヤング・シンバ役、平安神宮敷地内・時代祭館十二十二にて絶賛公演中の若きサムライが魅せるエンターテイメントショーKYOTO SAMURAI BOYS~起~に出演の福澤 侑、オーディション番組「キミモテロッジ~家づくりで声優オーディション⁉~」で熾烈なオーディションを勝ち抜き見事栄冠を手にした「ハイスクールチルドレン」の石橋弘毅、「ごくせん」「ウォーターボーイズ」「宇宙刑事ギャバン」等に出演し続ける石垣佑磨などが出演する。

森田美勇人 コメント


主演を務めさせていただきます森田美勇です。心から尊敬し憧れている方々と一緒に作品を創る機会をいただけたことにとてつもない幸せを感じています。そして、すべての人に感謝しています。ありがとうございます。『7ORDER』の仲間である「ミュート」が大切にしている「ダンス」で「音楽」で新たな空間を創っていく時間を、僕自身とても楽しみにしています。皆様とその時間を共有し、一緒に音楽にのれたらと思います。よろしくお願いします。

当記事はSPICEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ