大久保佳代子と島崎和歌子が福士蒼汰めぐり大喧嘩 「うるせえババア!」

しらべぇ

2019/10/11 19:00




10日放送『櫻井・有吉THE夜会』(TBS系)で、大久保佳代子島崎和歌子がイケメン俳優・福士蒼汰をめぐって大喧嘩を繰り広げた。

◼福士の闇


この日の放送は4週連続「夜会フェス」と題した1週目、福士や桐谷健太、菜々緒、横浜流星ら豪華ゲストが集結しトークを展開していく。幼い頃、闇を抱えていたという福士は、その原因となった「料理クラブ」について語る。

4年生のときのクラスメイトと5年生になりクラス替えで離れてしまった福士。4年時に「料理クラブに一緒に入る」ことを約束していたため、福士は料理クラブに入ったのだが、友達は全員「運動クラブ」に。

福士は、この友達の裏切りが原因で病んでしまい、「遊べないし、いつも1人で屋上にいるような子供だった」と暗黒期に突入したと振り返った。


関連記事:『しゃべくり』福士蒼汰は集団カラオケが苦手 告白に共感殺到

◼大久保と島崎がバトル


この福士の発言に、大久保が「繊細なのよ」と一番の理解者のようにフォローすると、島崎が「ババア、何言ってんの?」と噛み付いてくる。

福士は自分の目を見て語っていたと主張する島崎に、大久保もヒートアップし「うるせえババア! どの口が言う」と猛反論。「高知のババアがうるさい」「名古屋のババアが入ってきやがって」と笑いながら大喧嘩を繰り広げた。

◼その後も2人は…


「それが(福士の)個性なの」「蒼汰の気持ちわかるの?」と福士を巡ったプロレスを仕掛け続けた2人。

番組終盤、かつて福士が番組で共演した沖縄の女子高生が、上京してADになっていると判明。再会を果たし、共演時に約束した「20歳になったらお酒を飲みに行こう」という約束を思い出した福士が「一緒に飲みに行く」気持ちを伝えたのだが、これにも2人は食いついていく。

「ちょっとまって、心配だから一緒に行かないと」と、自分達もついていこうと必死だった。

◼1割が「友達と好きな人を争奪」


しらべぇ編集部で全国20~60代の男女1,336名を対象に調査したところ、全体の10.3%が「友達と好きな人を取り合ったことがある」と回答している。



共に独身の大久保と島崎だけに、イケメン俳優の福士を奪い合うのはバラエティでは当然の流れとも言えよう。あくまでもバラエティのノリとはいえ、どこか真に迫った部分を感じた視聴者もいたのではないだろうか。

・合わせて読みたい→『オオカミちゃん』で話題の鈴木ゆうか 連ドラ出演で家族から「スタンプ」

(文/しらべぇ編集部・サバマサシ

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2017年4月21日~2017年4月24日
対象:全国20代~60代の男女1,336名 (有効回答数)

当記事はしらべぇの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ