意外?!【松重豊】がアニメ声優‟初”の悪役に! 映画『ヒックとドラゴン~ 聖地への冒険~』本予告映像


勇気、友情、そして新たな奇跡―『ボス・ベイビー』で世界中に笑いと感動を届けたドリームワークスが、‟人間とドラゴン”の新たな冒険を史上空前のスケールで描く! 世界54か国でナンバーワンメガヒットを記録した待望のアニメーション最新作『ヒックとドラゴン 聖地への冒険』が、12月20日より全国ロードショー。 この度、予告編が公開!

2010年8月に日本公開され大ヒットを記録した『ヒックとドラゴン』で、バイキング一族の少年ヒックが伝説のドラゴン、ナイト・フューリー“トゥース”を助けたことにより、争いをやめ共存する道をみつけた人間とドラゴンたち。 その後、バイキングの長に成長したヒックと相棒トゥースたちが暮らすバーク島は、急激な人口&ドラゴン増加で、遂に定員オーバーに! ヒックとトゥースとその仲間たちが新たな聖地を求めて旅立つ、誰も見たことのない壮大な<引越し>アドベンチャーがこの冬、幕を開ける。

また、「ドラゴンと人間は敵だ!」と息巻く本作の最大の敵・ドラゴンハンター“グリメル”役の日本版声優に、俳優の松重豊が抜擢。 実写作品では数々の悪役も演じてきた松重だが、アニメーション作品での悪役は初挑戦! 予告映像では、「ドラゴンを皆殺しにしてやる!」などのインパクト絶大なセリフも難なくこなし、絶対的な存在感を放つ!

松重さん、“グリメル”とビジュアルもそっくり…!まさにはまり役ですね!

(C) 2019 DreamWorks Animation LLC. All Rights Reserved.

配給:東宝東和、ギャガ

当記事はフィールドキャスターの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ