恋愛初期に分かる!モラハラ予備軍な彼氏の特徴3つ

愛カツ

2019/10/10 16:45


お付き合いする前は優しかった男性でも、付き合い始めると安心して徐々に素が出てくるものです。

ただ、その素を見た時になんとなく「大丈夫かな?」と違和感を覚え、モラハラ男性かも?と不安になることもあるかもしれません。

また、実際にはどのような男性のことをモラハラと言うのか分からない女性も、自分の彼氏はモラハラ予備軍ではないかチェックしておくと安心ですよ。

恋愛初期ならまだ間に合います!

深い関係に陥る前に見抜くことの出来る「モラハラ予備軍の特徴」をぜひ知っておきましょう。

恋愛初期に分かる!モラハラ予備軍な彼氏の特徴3つ

■ 1.自分の意見が通らないと不機嫌になり責める

もしあなたが彼氏と違う意見を言った時に、彼氏が不機嫌になり「どういうこと?」などと問い詰める体勢に入るようなら、その後の展開を注意深く様子見しましょう。

ちょっとしたことでも、自分の意見と少しでも違うとあなたを責めてきたり、理由を言っても「そんなわけない!」と否定してきたり……。

あなたが「責められている」と感じるようであれば、こうした姿勢はお付き合いが深まるにつれてエスカレートしていくでしょう。

モラハラ気質がない男性であれば、たとえあなたの意見が自分と違っていても、それを聞いて理解しようとしたり、「そういう考えもあるんだね」と尊重する態度を示したりしてくれるはずです。

■ 2.パートナーの自信をなくさせる言動をする

モラハラ認定される男性のほとんどは、パートナーのことを見下すような言動をします。

その言動には「自分の方が上、オマエは下」という気持ちが見え隠れしていますね。

恋愛初期においては、付き合うまでは抑えていたそういった言動が徐々に現れ始めることも珍しくありません。

一例としては、たとえばあなたが転職を考えている時に「いや、君にはそんな仕事は無理だと思うよ?」と、具体的な理由もないのに一方的に無能扱いしてきます。

また「この前もドジしてたでしょ?そんなことも出来ないなんてヤバイよ。そんな人見たことないよ」などと、具体例を挙げながら彼女の弱点をバカにする言動をすることも……。

モラハラをしない男性なら、あなたがチャレンジしようとしていることや、苦手なことは、応援しよう、支えようという気持ちを持ってくれます。

■ 3.自分を正当化して謝らない

お付き合いしていれば、喧嘩になることもありますよね。

そんな時、健全な男性であれば、自分の悪いところもあるかも?と振り返ったりしますし、それに気付けば謝ったり折れたりもしてくれるものです。

ところがモラハラ予備軍の男性は、恋愛初期においても、自分の非を認めないという傾向が現れてきますよ。

「俺はこうだから、絶対に悪くない。こうなったのはオマエのせい」など、巧みに自分を正当化しながらあなたが悪いということを主張します。

話し合おうという姿勢もあまり見られないか、そんな素振りがあったとしてもそれは見せかけ。

内心では「自分は悪くない」と信じているので、言葉の端々に「オマエがそんなだから、こうなったんだ」ということをチラつかせてあなたに謝らせようとするでしょう。

■ 恋愛初期の違和感は大切!モラハラはエスカレートする

お付き合いし始めて、これから……という時に、彼氏にこのような特徴が見られたら、違和感を覚えるでしょう。

恋愛初期のうちは、まだこのような特徴も比較的穏やかであるため、「たまたまだよね」「疲れていただけかも」と自分に言い聞かせたくなるのも分かります。

しかし、お付き合いを続ければ、モラハラ的な言動は、ほとんどの場合エスカレートしますよ。

違和感を覚えたら、自分の直感を信じて、深入りする前にお別れすることも考えてみましょう!

(かりん/ライター)

(愛カツ編集部)

当記事は愛カツの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ