台風19号 狩野川台風に匹敵 予想雨量800ミリ超

日直予報士

2019/10/11 17:00

台風19号は12日(土)の夕方から夜に東海や関東に非常に強い勢力で上陸する見込みです。1200人以上の犠牲をだした狩野川台風に匹敵する記録的な大雨となる恐れがあります。記録的な暴風が吹く恐れもあり、厳重な警戒が必要です。

●台風19号 非常に強い勢力で上陸か

台風19号は12日(土)の夕方から夜に東海や関東に非常に強い勢力で上陸する見込みです。台風19号が危険な理由の一つが非常に強い勢力で上陸すること。非常に強い勢力で日本に上陸するのはそうそうあることではありません。また、台風の活発な雨雲が大きいため、長い時間、非常に激しい雨や猛烈な雨が降る恐れがあります。さらに、暴風域も大きいため、長い時間、暴風が吹く恐れがあることです。

●狩野川台風に匹敵する記録的な大雨か

近畿から関東にかけて12日(土)から13日(日)の午前中は台風本体の雨雲がかかり、非常に激しい雨や猛烈な雨が降るでしょう。上の図は13日21時までの72時間の降水量予想です(10日21時に計算)。最大の場合の予測です。紀伊半島や東海、関東、東北で800ミリを超すような大雨となる所もあるでしょう。東京都心でも300ミリを超すような大雨となる予想です。昭和33年の狩野川台風に匹敵する記録的な大雨となる恐れがあります。
狩野川台風とは1958年の台風22号で、静岡県伊豆半島の南端をかすめたあと、神奈川県三浦半島、東京を通過した台風です。このとき、東海と関東では大雨となり、土砂災害や河川の氾濫が相次ぎました。 伊豆半島中部では、特に集中して雨が降り、大量の水が流れ込んだ狩野川が氾濫、伊豆地方だけで1,000名を超える死者が出ました。 また、神奈川県や東京都でも、市街地の浸水や造成地のがけ崩れなどにより、大きな被害がでました。
東京都心の日降水量が過去140年あまりで最も多かったのが1958年9月26日の371.9ミリで、これが狩野川台風の接近時に観測されたものです。今回は東京でこの時に匹敵、または超すような雨量が予想されています。

●記録的な暴風の恐れ

12日(土)から13日(日)の午前中にかけて、近畿から関東の広い範囲で猛烈な風が吹き、記録的な暴風となる所もあるでしょう。東海や関東で最大瞬間風速60メートルを予想しています。走行中のトラックが横転してしまったり、電柱や街灯で倒れるものがあるほどの風です。屋外での行動は極めて危険になります。大規模な停電が発生する恐れもあります。
夜間と大荒れのピークが重なるため、自治体から出される避難情報に注意し、明るいうちに早めの避難を心がけて下さい。停電に備えて、懐中電灯や非常食、飲料水を準備しておきましょう。スマートフォンなどもあらかじめ充電しておくようにして下さい。
海上は猛烈なしけとなりますので、海岸付近には近づかないようにして下さい。大潮の時期にあたり、台風の接近と満潮時刻が重なるとさらに潮位が高くなる恐れがあります。高潮にも厳重な警戒が必要です。

当記事は日直予報士の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ