コカ・コーラのレモンサワー「檸檬堂」が登場! "前割り製法"でスッキリ飲める


日本コカ・コーラから、レモンサワーブランド「檸檬堂」が10月28日に全国発売されることになった。コカ・コーラグループとして、アルコール飲料の発売は世界的にも初の取り組み。どんな仕上がりなのか、一足先に試飲してきたのでレポートしよう。

○九州で人気沸騰のレモンサワー、ついに全国販売へ

既に2018年5月から九州で限定販売していたという「檸檬堂」の商品。実際に飲んだ人から「とにかくおいしい」「すっきりしていて飲みやすい」など、好評を得たことから、全国販売に踏み切った。

商品は、お店の定番のおいしさを実現した「定番レモン」、塩で味をひきしめた「塩レモン」、ほんのり甘い「はちみつレモン」、レモン1.5個分の果汁を使用しアルコール度数も高めの「鬼レモン」の4種類(価格は全て税別150円)。

丸ごとすりおろしたレモン果汁とお酒をあらかじめ馴染ませる「前割りレモン製法」を採用しているのが特徴で、レモンサワーの新しいおいしさを、缶飲料で実現したとしている。

○危険な飲みやすさ!

今回は「檸檬堂 定番レモン」を試飲させていただいた。実は筆者、缶チューハイが苦手で普段はあまり飲まないのだが、「定番レモン」は人工的なレモン味も、嫌な甘みもなく、レモンが自然とアルコールになじんでいて、スッキリとした飲み口が印象的だった。ブランドコンセプトで訴えているように、お店で出されるレモンサワーとそん色ない味わいだ。

そしてとにかく、飲みやすい……。仕事中なので少しだけ、と思っていたが、気付けばグラス1杯を軽々と飲み干していた。危険なお酒である。

筆者のように普段はビールや辛めの焼酎・日本酒しか飲まない、といった人にも親しみやすいレモンサワーと言えるだろう。

定番レモンは一般的なチューハイと同様、アルコール度数5%となっているが、もっとガツンとした味わいが欲しいという人には「塩レモン」(果汁7%、アルコール度数7%)、「鬼レモン」(果汁17%、アルコール度数9%)がオススメ。

お酒に弱く、ジュース感覚で飲みたいという方は「はちみつレモン」(果汁7%、アルコール度数3%)を試してみるのもいいだろう。

○待てない人は先行販売店まで

発売に先駆け、こだわりのレモンサワーで評判の人気店をはじめ、東京・恵比寿近隣のさまざまな飲食店では、「檸檬堂」の商品を一足先に味わうことができるとのこと(公式ホームページ参照)。

Twitterを使ったキャンペーンでは、4商品を先行プレゼントする企画も実施されているので、気になる人はチェックしてみてはいかがだろうか。

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ