ヤフオクで出品者10人に値下げ交渉してみた。結果は…?

日刊SPA!

2019/10/11 15:53

◆大胆な希望価格の提示と数を打つのがネット値切りの肝

ネットオークション「ヤフオク」のような、対面ではないやりとりでも値切りは可能なのか。

「国内最大級の利用者数を誇るヤフオクでは値切りも活発に行われています。土日に出品終了するものが多いので、平日から交渉してみてください。値切る際は半額くらい値下げしてほしいと強気に出て、徐々に調整するのがポイント」

そう話すのは、せどりコンサルタントの金子隆祐氏。助言を受け、月曜から交渉開始。18万円で出品されていたキャノンデールの中古クロスバイクを「9万円にしてほしい」と伝える。案の定断られたので、1万円ずつ金額を上げて交渉。最終的に15万円が落としどころとなった。

ちなみに、ヤフオクで10人の出品者に値切りをしてみたところ、応じてくれたのは1人。

「ネットでは数撃ちゃ当たるが正解。返信が早く交渉に前向きな人を探しましょう」

ただ、出品者による違いもあるという。

「ストア出品者には個人でなく業者もいます。値下げ交渉が通用しそうな相手かどうかは、その都度しっかり見極めを」

【せどりコンサルタント・金子隆祐氏】

トラック運転手から「せどり」で独立。自身のノウハウを伝授する「電脳せどり講座」を開設し、会員数は200人以上になる

◆家具。2日間にわたる粘りで6万円の値切りに成功

家具、なかなか高額でおいそれとは買い替えづらいものでも。少しでも安く買えないかと、記者が値切りに挑んできた。お目当ては29万1600円のソファとダイニングテーブルのセットだ。

交渉を開始すると「一番人気の商品なので」と渋い面持ち。そこで、3万2400円のオットマンをつけてもらえないかと打診すると、これはOK。ここで迷った記者は一旦判断を持ち帰ることに。

翌日、自身も購入を検討しているという母とともに再度来店。母が「他の店の商品と価格がほぼ同じで迷っているので、24万円なら即決する」と強気に出ると、店員がバックヤードに相談に戻った後、商談成立。総額32万4000円のソファとダイニングテーブル+オットマンを、25万9200円で購入することができた。母のありがたみを改めて痛感したのだった。

●32万4000円⇒25万9200円

チェーン店によっては本部で価格を一元管理しており、店舗に権限がない場合も

※価格は取材時のもの

<取材・文/週刊SPA!編集部>

―[全部、値切ってみた]―

当記事は日刊SPA!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ