【速報】ドコモ2019年冬春モデルまとめ、Xperia 5やNote10+が出たぞ!


10月11日、NTTドコモは2019-20年の冬春新製品を発表しました。ドコモスマートフォン5機種、らくらくホン1機種、キッズケータイ1機種、ドコモテレビターミナル1機種の計8機種が、同社の2019年秋冬ラインナップとなります。

この2019年秋冬モデルでは、同社専売の限定スマホがない代わりに、どの端末もそれぞれ特徴があり、どれを選んでも問題のない安定のラインナップになっています。価格を抑えたハイエンドスマホ「Xperia 5」、ペン機能を進化させた「Galaxy Note10+」、軽量でも高性能な「AQUOS zero2」。ミッドレンジでは手頃な価格の「Galaxy A20」と「AQUOS sense3」、そしてらくらくホン、キッズケータイという新製品群です。ドコモ2019冬春新製品をまとめて見ていきましょう(端末価格はドコモオンラインショップ、税別)。
○Xperia 5 SO-01M

発売:2019年11月1日
端末価格:税別79,920円

Xperia 5は、2019年夏モデルの「Xperia 1」で話題を集めたアスペクト比21:9の有機EL「シネマワイドディスプレイ」や、トリプルレンズカメラを踏襲しながら、画面サイズや解像度をダウンしてコンパクト化を実現したモデル。発売時に10万円超えだったXperia 1とは異なり、Xperia 5は税別79,920円で登場予定です。

(詳細はニュース記事「ドコモから21:9画面の『Xperia 5』、約8万円で11月1日発売」に記載)

○Galaxy Note10+ SC-01M

発売:2019年10月18日
端末価格:110,160円

Galaxy Note10+は、6.8インチの大画面有機ELディスプレイを採用した、“Sペン”対応のAndroidスマートフォン。標準的なAndroidスマートフォンとは一線を画す操作感覚でユーザーの心を掴んでいるGalaxy Noteシリーズの新モデルで、Sペンを使った操作が進化し、メモ機能も強化されました。

(詳細はニュース記事「ドコモ、Sペンファン待望の『Galaxy Note10+』を約11万円で発売」に記載)

○AQUOS zero2 SH-01M

発売:今冬
端末価格:82,080円(予定)

AQUOS zero2は、毎秒240回の高速表示が可能な有機ELディスプレイを搭載したフラッグシップスマートフォン。CPUに最新のSnapdragon 855(クアルコム製)を採用し、内蔵メモリ8GB、ストレージ256GBと、フラッグシップモデルの名に恥じないトップクラスの基本性能を備えながら、約140g台(予定値)の超軽量ボディが特徴。エンタメ志向の1台です。

(詳細はニュース記事「ドコモ、6.4インチ有機ELの高性能フラッグシップスマホ『AQUOS zero2』」に記載)

○Galaxy A20 SC-02M

発売:2019年11月1日
端末価格:19,440円

Galaxy A20 SC-02Mは、ドコモ2019-2020年冬春製品の中でスタンダードクラスに位置するスマホ。約2万円というリーズナブルな価格ながら、5.8インチの大画面や3GBメモリ、IPX5/IPX8・IP6X準拠の防水防塵など、快適に使える基本性能を搭載しています。

(詳細はニュース記事「ドコモ、約2万円の大画面ミッドレンジスマホ『Galaxy A20』」に記載)

○AQUOS sense3 SH-02M

発売:2019年11月上旬
端末価格:28,800円

AQUOS sense3 SH-02Mは、AQUOSシリーズ最大をうたう4,000mAhの大容量バッテリーを採用したミッドレンジスマートフォン。省エネ性能の高いIGZOディスプレイとの相乗効果で、1週間の電池持ちを実現したといいます。Snapdragon 630の搭載や背面デュアルカメラ(広角+標準)など、基本性能も充実。

(詳細はニュース記事「ドコモ、大容量バッテリ&省エネIGZOで長時間使える『AQUOS sense3』」に記載)

○キッズケータイ SH-03M

発売:今冬
端末価格:12,960円(予定)

小学校高学年でも使えるよう設計された、「キッズケータイ」の新モデル。前モデルから見まもり機能を強化したほか、小学校高学年でも使えるよう、学年を設定すると、文字入力時に漢字の変換候補が指定した学年に合わせて増える機能も追加されました。本体はハンドソープで洗え、防水防塵、耐衝撃も備えています。

(詳細はニュース記事「ドコモ、子どもの成長に合わせて長く使える新『キッズケータイ』」に記載)

○らくらくホン F-01M

発売:2019年11月下旬
端末価格:34,560円(予定)

らくらくホン F-01Mは、使い慣れたケータイ(フィーチャーフォン)の新製品を求めるユーザー向けに、スタンダードな機能を取り揃えた携帯電話端末です。通話の最大音量が2段階アップ。前モデルと同じく迷惑電話対策機能を備えたほか、迷惑メールの可能性があるメール・SMSを開封する際に注意喚起する「迷惑メール判定機能」を新搭載しました。

(詳細はニュース記事「ドコモ、迷惑メール開封時に警告するガラケー『らくらくホン F-01M』」に記載)

○ドコモテレビターミナル 02 TT02

発売:来春
端末価格:未定

「ドコモテレビターミナル 02 TT02」は、2018年1月に発売した「ドコモテレビターミナル」の後継モデル。Disney DELUXEやDAZN for docomo、dTVアニメストアなど各種動画配信サービスに対応し、テレビと繋ぐことで大画面でコンテンツを楽しめます。新たにBS4Kデジタル放送に対応したほか、付属の多機能リモコンが進化しました。

(詳細はニュース記事「ドコモ、BS4Kデジタル放送に対応した『ドコモテレビターミナル』」に記載)

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ