CS第4戦「巨人-阪神」順延発表 “亀梨和也との副音声”中止で陣内智則「仕方ない…」

大型の台風19号が関東地方に接近していることから、読売ジャイアンツが公式Twitterで10月12日に東京ドームで開催予定だったセ・リーグのクライマックスシリーズ第4戦を中止・順延すると発表。あわせて阪神タイガースも「CS第4戦の中止・順延が決定しました」とツイートした。それを受けてお笑い芸人の陣内智則が副音声についてつぶやき、フォロワーの反響を呼んでいる。

第4戦の中継に、KAT-TUNの亀梨和也と副音声で出演するはずだった陣内智則。ゲームの中止が決まり「亀梨くんとの副音声だったのですが、仕方ない…」とツイートしたところ、「えーそれ聞きたかった!! 次の機会楽しみにしてます」、「ワイもその中に入りたかった」、「楽しいイベントがことごとく台無しに…副音声あったのですか…夢の共演が残念。無事でありますように」、「亀梨くんとの絡みまた待ってます」などの声が寄せられた。

セ・リーグCSはファイナルステージ第2戦が10日に行われ、「巨人 6-0 阪神」で巨人はリーグ優勝によるアドバンテージを含めて3勝とした。ファイナルステージは6試合体制で先に4勝した方が日本シリーズに進む。

そのため陣内が「1日でも長く試合がありますように。みなさん台風に十分お気をつけ下さい!」とつぶやくと、プロ野球ファンから「台風の影響なら仕方無いですね。順延で第4戦、楽しみにしています。台風お気を付けて下さいねー」や「でも明日ジャイアンツが勝てば日本シリーズ進出決定だから中止・順延なんて関係ないのだ」などのコメントが届いた。

『阪神タイガース』公式Twitterでも、10日の投稿に「皆疲れてるからつかの間の休息や」、「阪神が今日か明日勝ったらの話」、「明日で終わりだろ もう投手休ませたれや 感動なんぞ矢野一人でしとればええんや」、「明日で決めるとかぬかされとるぞ。意地見せろ」といった声が飛びかいヒートアップしているようだ。

(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ