ドコモ、Sペンファン待望の「Galaxy Note10+」を約11万円で発売


NTTドコモは10月11日、ペン入力対応のAndroidスマートフォン「Galaxy Note10+ SC-01M」(サムスン製)を、2019-2020年冬春の新モデルとして発表した。10月18日に発売する。独自のペン操作が特徴のハイスペックモデルで、ドコモオンラインショップにおける端末価格は110,160円(税別)の見込み。

標準的なAndroidスマートフォンとは一線を画す操作感覚でユーザーの心を掴んでいるGalaxy Noteシリーズ。ドコモから2019-2020年冬春新製品として発売されるのは、6.8インチの大画面有機ELディスプレイを採用した上位モデル「Galaxy Note10+」となる。

Galaxy Noteシリーズの代名詞ともいえるSペンを使った操作がさらに進化。手書きの文字がタップ1つでテキストに変換できるようになったほか、Word文書での出力が可能となっている。また、前モデルのユーザーからの声を取り入れ「てがき手帳」がバージョンアップ。月間表示が可能になるなど、実際の手帳に近い使い勝手を実現している。

拡大・縮小表示に対応するなど、絵を描く機能も強化。動画に奥行きのあるイラストを描けるなど、アーティスティックな使い方にも対応したほか、ぼかしの強弱を調整できるライブフォーカス機能が動画にも使えるようになった。さらに、ゲームの使用パターンを学習してパフォーマンスや温度を最適化する「GAME BOOSTER」機能も搭載しており、快適なゲームプレイが楽しめる。

CPUにはクアルコム製のSnapdragon 855を採用し、内蔵メモリは12GB、ストレージは256GBと高い基本性能を備える。6.8インチの大画面を採用しながら、極小ベゼルで持ちやすいデザインとなっているのもポイントだ。4,300mAhの大容量バッテリーで長時間の利用が可能。前モデル同様、ボディの底部にSペンを収納できるようになっている。カラーバリエーションはオーラホワイト、オーラブラックの2色。
○Galaxy Note10+ SC-01Mの主な仕様

OS: Android 9
CPU: Qualcomm Snapdragon 855/2.8GHz+1.7GHz(オクタコア)
内蔵メモリ: 12GB
ストレージ: 256GB
外部ストレージ: microSDXC(最大1TB)
サイズ: W77×H162×D7.9mm
重量: 約197g
ディスプレイ(解像度): 約6.8インチ Dynamic AMOLED 有機EL(3,040×1,440ピクセル)
メインカメラ: 約1,200万画素+約1,600万画素+約1,200万画素
インカメラ: 約1,000万画素
Wi-Fi: IEEE 802.11a/b/g/n/ac
バッテリー容量: 4,300mAh
連続待受時間: 約145時間
通信速度: 受信最大1,576Mbps/送信最大75Mbps
防水/防塵: ○/○
生体認証: ○(指紋認証、顔認証)
ワンセグ/フルセグ: ― / ―
おサイフケータイ: ○(NFC・Felica搭載)
接続端子: USB Type-C
カラーバリエーション: オーラホワイト、オーラブラック

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ