ドコモ、約2万円の大画面ミッドレンジスマホ「Galaxy A20」


NTTドコモは10月11日、手頃な価格のミッドレンジAndroidスマートフォン「Galaxy A20 SC-02M」(サムスン製)を、2019-2020年冬春の新モデルとして発表した。発売時期は11月1日。サポート機能の充実したスタンダードモデルで、ドコモオンラインショップにおける端末価格は19,440円(税別)の見込み。

Galaxy A20 SC-02Mは、ドコモ2019-2020年冬春製品の中でスタンダードクラスに位置するスマホ。約2万円というリーズナブルな価格ながら、5.8インチの大画面や3GBメモリ、IPX5/IPX8・IP6X準拠の防水防塵など、快適に使える基本性能を搭載した。

本体は大画面ながら、幅71mmで重さが約151gと、コンパクトなボディを実現している。バッテリー容量は約3,000mAhを搭載し、約140時間の電池持ちを実現するなど、日常使いでストレスの少ない製品に仕上がっている。

アイコンや文字サイズが大きくなる「かんたんモード」を用意したほか、FM放送とインターネットラジオ(radiko)が聴けるラジオ機能や、microSDカードからのデータ移行が簡単に行える「Smart Swich」、専用サポートが充実した「Galaxy Members」アプリなどを搭載。ストラップホールも用意されており、フィーチャーホンから乗り換えるスマホ初心者にとってうれしい機能が満載されているのも特徴だ。

カラーバリエーションはレッド、ブラック、ホワイトの3色。
○Galaxy A20 SC-02Mの主な仕様

OS: Android 9
CPU: Exynos 7884B/1.6GHz+1.3GHz(オクタコア)
内蔵メモリ: 3GB
ストレージ: 32GB
外部ストレージ: microSDXC(最大512GB)
サイズ: W71×H150×D8.1mm
重量: 約151g
ディスプレイ(解像度): 約5.8インチ TFT(1,560×720ピクセル)
メインカメラ: 約800万画素
インカメラ: 約500万画素
Wi-Fi: IEEE 802.11a/b/g/n/ac
バッテリー容量: 3,000mAh
連続待受時間: 約140時間
通信速度: 受信最大262.5Mbps/送信最大50Mbps
防水/防塵: ○/○
生体認証: ○(顔認証)
ワンセグ/フルセグ: ― / ―
おサイフケータイ: ○(NFC・Felica搭載)
接続端子: USB Type-C
カラーバリエーション: レッド、ブラック、ホワイト

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ