ドコモ、子どもの成長に合わせて長く使える新「キッズケータイ」


NTTドコモは10月11日、充実した見守り機能を搭載するキッズ向け携帯端末「キッズケータイ SH-03M」(シャープ製)を、2019-2020年冬春の新モデルとして発表した。発売時期は今冬。ドコモオンラインショップにおける予定端末価格は12,960円の見込み(税別)。

小学校高学年でも使えるよう設計された、「キッズケータイ」の新モデル。3.4インチの液晶画面はタッチ操作に対応しており、直感的な操作で使うことができる。

前モデルから見まもり機能を強化しており、自宅のWi-FiアクセスポイントやBluetoothビーコンなどを検知して、子どもの帰宅を通知してくれる「おかえり通知」機能を搭載。また、保護者から離れると通知される「みまもりアラート」や、防犯ブザー、GPS機能を使い子どもの居場所を探せる「イマドコサーチ」との連携にも対応している。電話やSMSは連絡先に設定した相手だけとしか行えないなど、子どもを守るための機能が盛り込まれた。

通信は新たに4Gに対応し、VoLTEによるクリアな通話が行えるのもポイント。見まもり以外の機能では、小学校高学年でも使えるよう、学年を設定すると、文字入力時に漢字の変換候補が指定した学年に合わせて増える機能が追加された(小学校学習指導要領の「学年別漢字配当表」に準拠)。このほか、スケジュールやめざまし、タイマー&ストップウォッチなど、子どもの生活で役立つ機能が搭載されている。

本体は汚れてもハンドソープで洗え、防水(IP5/8)、防塵(IP6X)、耐衝撃性能を備えている。カラーバリエーションはイエロー、ピンク、ブルーの3色。
○キッズケータイ SH-03M

UIM: eSIM
外部ストレージ: ―
サイズ: 未定
重量: 未定
ディスプレイ(解像度): 約3.4インチ TFT(540×960ピクセル)
メインカメラ: ―
Wi-Fi: IEEE 802.11b/g/n(Wi-Fi4)
バッテリー容量: 1,200mAh
連続待受時間: 未定
通信速度: 受信最大150Mbps/送信最大50Mbps
防水/防塵: ○/○
ワンセグ/フルセグ: ― / ―
おサイフケータイ: ―
接続端子: USB Micro-B
カラーバリエーション: イエロー、ピンク、ブルー

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ