シャーリーズ・セロンがラブコメで大暴れ!? 『ロング・ショット』公開決定

クランクイン!

2019/10/11 10:00

 オスカー女優のシャーリーズ・セロンと、人気コメディ俳優のセス・ローゲンが出演する映画『LONG SHOT(原題)』が、邦題を『ロング・ショット 僕と彼女のありえない恋』として2020年1月3日に公開されることが決定。併せてポスタービジュアルが解禁された。

本作は、ラブコメの名作『プリティ・ウーマン』の男女逆転版ともいえる、現代社会を背景に置いたシニカルラブコメディ。国務長官のシャーロットをシャーリーズが演じ、これまでのイメージを覆し、コメディエンヌとしての才能を開花させている。一方、“高嶺の花”であるシャーロットに憧れを抱く、うだつが上がらないジャーナリストのフレッドを演じるのは、映画『40 歳の童貞男』や『ソーセージ・パーティー』で知られる人気コメディ俳優のセス。2人は製作に名を連ねるだけでなく、5年にわたって脚本の練り直しにも参加した。

アメリカの国務長官として活躍する才色兼備なシャーロット・フィールド(シャーリーズ)。大統領選への出馬を目前にして、ジャーナリストのフレッドに選挙のスピーチ原稿作りを依頼する。常に世間から脚光を浴びるシャーロットと共に行動するうちに、高嶺の花と知りながら恋に落ちるフレッドだったが、越えなければならない高いハードルがいくつも待ち受けるのだった…。

解禁されたポスタービジュアルは、対照的なシャーリーズとセスの姿を大きく写し出したもの。それぞれの特徴が書き込まれた2人の間には「この恋、最重要機密事項」というコピーが添えられている。さらに「脳みそカラッポ大統領」(ボブ・オデンカーク)、「超ハイスペなカナダ首相」(アレクサンダー・スカルスガルド)、「メディア王&セクハラ王」(アンディ・サーキス)と注釈が添えられたクセの強い共演者たちの姿も垣間見ることができ、彼らを巻き込んだ2人の恋の行方がどうなるのか、楽しみなビジュアルとなっている。

映画『ロング・ショット 僕と彼女のありえない恋』は2020年1月3日より全国公開。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ