レッドカードで退場したカナダ代表選手 相手チームに謝罪をしに行くと…

grape

2019/10/10 11:40

2019年9月20日、『ラグビーワールドカップ2019(以下、ラグビーW杯)』が開幕しました。

同年10月8日に行われたのはカナダ vs 南アフリカの一戦。

カナダ代表のジョシュ・ラーセン選手が、密集した場所で南アフリカ代表のトーマス・デュトイ選手に危険なタックルとされる『ショルダーチャージ』をしたため、レッドカードで退場となりました。

試合終了後、ラーセン選手は相手チームのロッカールームへ。すると、このように話し始めたのです。

謝罪をするためにここに来ました。

レッドカードを出した自分にとてもがっかりしています。

ここに来て皆さんに直接謝りたかったんです。

残りの試合、皆さんの健闘を祈っています。
@rugbyworldcupjp ーより引用なんと、相手チームへ危険なタックルをしてしまったことを直接謝罪しに来たのです!

謝罪が終わると、ラーセン選手は相手チームの選手から飲み物をもらったり、握手をしたりしてロッカールームを去っていきました。

南アフリカ代表の公式Twitterでは「これがラグビーのすべてです。素晴らしいラグビーの試合をありがとう」と動画にコメントしています。

【ネットの声】

・謝ることってプライドとかもあって簡単じゃないのに、すごいな。

・これが『ラグビーの精神』というものなんですね!かっこいい。

・彼の行動は素晴らしいよ。リスペクトする!

・謝罪に来た選手に飲み物を渡すのも優しいね。

直接、面と向かって謝罪をしにきたラーセン選手の行動は、スポーツマンの見本ともいえるでしょう。

相手選手の対応も素晴らしく、ラグビーが『紳士のスポーツ』といわれる理由が分かりますね。


[文・構成/grape編集部]

出典 @rugbyworldcupjp@Springboks

当記事はgrapeの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ