ぺえ、退院報告 急性咽頭炎で1週間入院「初めて先が見えないものに恐怖を」

 体調不良で入院していることを明かしていた女装タレント・ぺえ(27)が退院した。10日夜に更新した自身のインスタグラムで「無事に退院する事が出来ました」と報告した。

 急性咽頭炎で、1週間以上入院。「39度の高熱が数日間下がらず、喉の痛みで食べることも飲むことも呼吸することも出来ない状態で病院に運ばれた」という、ぺえ。「即入院と言われた時は頭が真っ白になりました。明日の生放送どうしよう、、、その後1週間のスケジュール、、、このお仕事を始めてから一度も仕事を休んだことがありませんでした。なので罪悪感と悔しさで涙が止まりませんでした。なかなか症状も良くならず、人生で初めて先が見えないものに恐怖を感じました」と不安な日々を振り返った。

 さらに、周囲や事務所のサポートで治療に専念できたことへの感謝の言葉をつづり「これからは体調管理や生活習慣を見直し、健康第一で頑張っていきます」とつづった。

当記事はスポニチアネックスの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ