阿部寛「まだ結婚できない男」の2ケタ好発進を支えた3つの要素!

アサジョ

2019/10/11 10:14


 俳優・阿部寛が主演するドラマ「まだ結婚できない男」(フジテレビ系)が10月8日からスタート。初回の平均視聴率が11.5%と好調。火曜9時枠としては、2017年4月期に放送された小栗旬主演のドラマ「CRISIS 公安機動捜査隊特捜班」以来の二桁スタートであることがわかった。

「このドラマは、2006年に阿部が主演して全話平均視聴率17.1%を記録したヒットドラマ『結婚できない男』の続編。当時40歳だった阿部演じる桑野信介も53歳。ルックスもさることながら収入も人並み以上の建築士でありながら、プライドが高く偏屈で皮肉屋なところは相変わらず。13年経っても変わらないキャラに、ネットでは『相変わらず面白い桑野さん!!』『想像以上の破壊力だ』中には、自分と照らし合わせて『13年前の自分は、結婚できない男はフィクション。13年後の自分は今や、ザ・ノンフィクション』といったコメントも寄せられています」(テレビ誌ライター)

1話から是非見てみたい「2019年秋、期待の新ドラマランキング」(ランキングー!調べ)でも2位にランクインしていたが、放送が始まるやツイッターのトレンドランキングで、なんと世界1位に踊り出す快挙も達成している。

「今回は脚本家、演出、制作スタッフも13年ぶりに再結集。スタッフだけでなく、主題歌の『スイミー』(Every Little Thing)も、ソロとなった持田香織によるセルフカバー『まだスイミー』。この起用について阿部自身も『スタッフと相談して、是非“スイミー”でいきたいとリクエストしたところ、快諾いただいて、とても嬉しかった』『改めて聴くと“自分もここに帰ってきたな”と思える』とコメント。主題歌もリバイバルヒットの兆しアリですね」(音楽ライター)

音楽といえば、主人公の桑野が自宅で1人、大音量で指揮をしながら悦にいるシーンも前シリーズから話題を呼び、今シリーズでは阿部演じる桑野がなんと、指揮棒を振りながら熱演するシーンも度々登場。ドラマの中に登場する楽曲についても問い合わせが寄せられているという。

「そうした声を耳にして、放送直前の10月4日からお笑いコンビ・三四郎の相田周二がクラシックの魅力を解説する動画『桑野信介のお気に入りクラシック曲』もYouTubeで配信がスタートしました」(前出・音楽ライター)

さらに今作にはヒロイン役として吉田羊、稲森いずみ、そして深川麻衣も出演。13年ぶりに復活したこのドラマ、全話二桁視聴率も夢ではない!?

(窪田史朗)

当記事はアサジョの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ