ごちゃつくガジェット周辺機器を長財布サイズに収めるケース【今日のライフハックツール】


「スマホと財布だけズボンのポケットに突っ込んで、身軽に外出したい」と思っていても、スマホヘビーユーザーの場合は、モバイルバッテリーや充電ケーブル、ヘッドフォンなどのガジェット周辺機器も持ち歩かないといけません。

CA01 CARRY ALL』は、そんなライフスタイルにぴったりフィットするようにデザインされた、小ぶりなバッグ。

防水仕様でしっかりと周辺機器を守る


外装の生地は、極細のナイロン繊維を編んで作られており、厚みもある防水仕様。止水ジッパーと合わせて、不意な雨でも中身をしっかり守ってくれます。

ペン差しを含めて5つあるポケットには、カード類や名刺などを入れておくこともできますので、生活圏内で完全キャッシュレス化を実現できている人なら、財布を持つ必要も無くなりそうです。

閉じた状態で約10.8 x 18.8 x 2.9cmという大きさなので、一般的な長財布とほぼ同じか少し小さいサイズ感。

ポケットに突っ込むのもいいし、カラビナを使ってベルトフックなどにぶら下げておくのもいいでしょう。

隠れマルチツールも付いている

画像
Image: Dango Products

また、フックのように見える金属アイテムは、実はマルチツール

プラスドライバー、マイナスドライバー、1/4インチ六角レンチ、ボックスオープナー、キーホルダー、そして栓抜きとして機能します。

めったに使わないけれど、イザというときに役に立つマルチツールは、常に携帯するバッグとの相性がいいアイテムと言えますよね。

本体価格が49ドル(約5300円)で、日本への送料は47.11ドル(約5000円)です。

あわせて読みたい

Image: Dango Products

Source: Dango Products, Dango Products / YouTube

当記事はライフハッカー[日本版]の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ