123歳? インド人男性がギネス更新か パスポートは「1896年生まれ」と記載<動画あり>

ギネスが認定する存命中の世界最高齢の記録を持つのが、福岡市在住の116歳の田中カ子(かね)さんである。しかしアラブ首長国連邦の空港でインド人男性が提示したパスポートに1896年生まれと記載があり、空港職員を驚かせることとなった。『LADbible』などが伝えている。

インドの西ベンガル州コルカタに住むスワミ・シヴァナンダさん(Swami Sivananda)は、印コルカタから英ロンドンへと旅行に向かう途中、飛行機の乗り継ぎのためにアラブ首長国連邦のアブダビ国際空港を訪れた。

スワミさんは空港職員にパスポートを提示したのだが、職員は自分の目を疑うことになる。スワミさんのパスポートには、生年月日が「1896年8月8日」と記載されていたのだ。

そんなスワミさんが自分の足でしっかりと歩く姿には、パスポートが無ければ誰もが123歳とは信じられないだろう。

スワミさんはインドでヒンズー教の僧侶として暮らしており、特に介護を必要とすることも医療援助を受けることもないという。またスワミさんは長生きの秘訣について、毎日のヨガ、香辛料を避けた食事、性行為の無い生活を挙げ、他にも次のように語っている。

「人は食習慣や運動または性的欲求など、全て訓練することでコントロールが可能になります。自分が必要なものに対してコントロールすることにより、人生で最良のものを手にすることができるのです。私は物欲が幸せにしないことを知っていたので長生きできたと思っています。」

「私は貧困の中で生まれたので、これまでの人生で何か大きなものが欲しいと思ったことはありません。今では多くの人が不幸であり、不健康で不誠実になってしまいました。それは非常に悲しいことです。私は人々に幸せで健康で平和であって欲しいと願っています。」

スワミさんは3年ほど前からギネスに自らの年齢確認を依頼しているが、その年齢を実証するにあたって問題が生じているようだ。スワミさんは6歳になる前に両親が亡くなり、その後ヒンズー教寺院で育てられていた。そのため出生記録は寺院の台帳が元になっているのだ。

なおギネス記録で最も長生きした人物は122歳と164日間で天寿を全うしたフランスのジャンヌ=ルイーズ・カルマンさん(Jeanne Louise Calment)だが、スワミさんの出生がきちんと証明された時には記録を塗り替えることは間違いないだろう。

画像は『TheNewsMinute 2018年12月12日付Facebook「Meet Sivananda, the 123-year-old yoga enthusiast.」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 MasumiMaher)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ