「劇場版 ハイスクール・フリート」20年1月18日公開決定 大和、信濃、紀伊の艦長&副長が登場

アニメハック

2019/10/10 22:00

(C) AAS/新海上安全整備局
 「劇場版 ハイスクール・フリート」の公開日が2020年1月18日に決定し、新キャラクターとキャスティングが明らかになった。「大和」艦長の宮里十海を高橋未奈美、副長の能村進愛を長縄まりあ、「信濃」艦長の阿部亜澄を楠木ともり、副長の河野燕を天野聡美、「紀伊」艦長の千葉沙千帆を富田美憂、副長の野際啓子を鈴代紗弓が演じる。

また、航洋艦「晴風」の艦橋要員6人が、大和、信濃、紀伊が浮かぶ港を望む第2弾キービジュアルも公開。10月26日からは、同ビジュアルを使用したA4クリアファイルが付属する、第3弾特典付き全国共通前売り券が全国の上映劇場で販売される。価格は1500円(税込み)。

また、テレビシリーズに引き続き、主題歌を声優ユニット「TrySail」が担当することもわかった。あわせて、来場者特典として、キャラクターソング6曲が制作されることも決定。歌唱を担当するキャラクターは、10月31日まで公式サイトで行われる人気投票によって選ばれる。

16年4~6月にテレビシリーズが放送された「ハイスクール・フリート」は、国土の大半が水没した日本を舞台に展開される美少女ミリタリーアニメ。海の安全を守る職業「ブルーマーメイド」を目指して横須賀女子海洋学校に入学した明乃が晴風に搭乗し、不測の事態に見舞われながらも、仲間たちとともに窮地を切り抜けていく様子を描いた。完全新作となる劇場版では、晴風クラス解体の危機から3カ月後、呉、舞鶴、佐世保を含めた全女子海洋学校の生徒が一堂に会し、文化祭と体育祭を行う「競闘遊戯会」で横須賀が賑わうさなか、明乃たちを新たな危機が襲う。

当記事はアニメハックの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ