細野晴臣デビュー50周年記念展「細野観光1969 – 2019」がついにスタート!

IGNITE

2019/10/10 21:00


今年で音楽活動50周年を迎える細野晴臣。

六本木ヒルズ展望台 東京シティビュー・スカイギャラリーでは、2019年10月4日(金)から2019年11月4日(月・休)までの期間、細野晴臣デビュー50周年記念展「細野観光1969 – 2019」を開催する。



本展は、「細野晴臣デビュー50周年企画〈細野さんに会いに行く〉」プロジェクトの一環で行われるもの。



細野氏のロック・テクノ・ワールドミュージックなど多岐にわたる音楽家としての一面だけではなく、映画やアート、漫画など、多様な関心事などのデビュー50年の軌跡を、年代ごとに追った壮大なビジュアル年表や、年代ごとに括った5つの展示構成で解説、貴重な展示を通してまるで「観光」するように巡ることができる企画だ。

開幕に先立ち行われたプレス向け内覧会では、オープニングセレモニーが行われ、細野晴臣氏が登場。



オープニングセレモニーでは、細野氏から「私のためにこのような展覧会を開いていただきありがとうございます。本当にいろんなものが整然と並んでいて圧倒されました。この日のためにスタッフが頑張ってくれました。」と開幕の挨拶があった。

そして、いち早く展覧会を訪れた感想として、「自分の中身がさらけ出されたようで感動しました。自分がこんなに物を持っていると思わなかった。」と述べている。

また、本展での展示品は、すべて細野氏にまつわるもので構成されているのが特徴で、細野氏自身の所蔵品も多くあるなか、特に思い入れのある展示品・見どころの展示品として、「自分の脳内のものはノート。一冊だけでも細かく書いてあるので、時間が足りないかもしれないけど見てほしいです。あと、僕の人生は音楽に尽きるので、その音楽を創った楽器は面白いと思います。人から見たらガラクタだけど、自分にとっては大事なものばかりです。」と紹介した。

そして、最後に、ファンに向けて「一人の人間の50年を見ることができるのは面白いかも。だらだらやってきただけなのでこれからもだらだらやります。気楽に見に来てほしい。」と来場を呼び掛けた。

1969年「エイプリル・フール」でデビューし、「はっぴいえんど」やYMO、ソロでの活動をはじめ、作曲・プロデュースなど多岐に渡って活躍してきた細野晴臣氏。

集大成とも言える今回の展覧会では、オリジナルグッズや細野晴臣デビュー50周年記念グッズも販売する。















ファンの友人を誘って、足を運んでみてはいかがだろう?

細野晴臣デビュー50周年記念展「細野観光1969-2019」
会期:2019年10月4日(金)~2019年11月4日(月・休)
会場:六本木ヒルズ展望台 東京シティビュー・スカイギャラリー
(六本木ヒルズ森タワー52階)
入 場 料  : 一般1,800円、高校生・大学生1,200円、
4歳~中学生600円、シニア(65歳以上)1,500円
※展望台、森美術館入館料を含む
ウェブサイト:https://tcv.roppongihills.com/jp/exhibitions/hosonokanko/index.html

(Yuko Ogawa)

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ