もう頼らない! 私が母と衝突して出した悲しい決断 ~ 私と母の"友人のような関係"が起こしたトラブル(2)【息子愛が止まらない!! 第22話】

ウーマンエキサイトのみなさん、こんにちは! ねここあんな。です。

私と母の「友人のような親子関係」について、前回の続きです!

【前回のお話】
母と私の“友人のような関係”に今夏、トラブルが発生。実家に親子3人で泊まりに行った1週間後、再び泊まりに行きたい旨を連絡すると、母は「いいかげんにして!」と言うのでした…。


■あらためて知った母が私のことを心配する気持ち

同窓会のときの一泊から一週間、「また泊まらせてもらいたい」と申し出た私に母はこう返すのでした。

「『来てほしい』と連絡くれたのはそっちじゃんか!」と思ったのもつかの間、原因は前回の私の行動か…、と思い直したのでした。

前回の同窓会で、私は久しぶりの飲み会に羽目を外し、母に連絡を入れずに帰ったのでした。

でもそれは若い頃から「連絡を入れなくても気にしない家庭だったから」。

出発前に、「一次会で戻るね」と言っていた私。

本当に一次会だけの参加だったのですが、会場を移動しなかっただけで同じお店で長めに飲んでいたのですよね。

いつもなら息子が心配で何度も携帯を確認するのですが、その日は実家のみんなと外食に出かけていたし、夫も母もいるので安心していました。

頼りすぎていたことを、あらためて反省しました。

そのことを謝ろうと翌日連絡を入れると、怒りすぎてしまったことを少し申し訳なさそうに思う母がこう言うのでした。

なかなか帰って来ない私を心配したことがつらかったのだ、と告白する母。今まで心配されたことが少なかった私は混乱してしまう。

甘えられないのと同じぐらい、「心配されている」という感覚が私にはありませんでした。

だから昔から、連絡の必要性を感じていなかったのです。

…が、これが母にはかなり疲れる要因だったのです。

そんなふうに心配されていたなんて思わず、私は自分が迷惑をかけたことを謝りました。

友人のような存在と思っていた母ですが、母にとって私は、いつまでも「子」であったことを再確認させられました。

その後、結局は「予定通り泊まってもいいよ」ということで落ち着きました。

ちなみに私たちもなぜそうまでして一泊したかったのかというと、次の日に朝早くから東京駅発の高速バスに乗り込みたかったのです。

埼玉の家を早くに出るよりも、都内の実家に泊まらせてもらえたら助かるという考えがあったのでした。

なので「お風呂やご飯などは一切用意しなくても良いので、ただ一晩寝かせてくれれば大丈夫」と、母に伝えていました。

でも、それも今思えば相手には迷惑だったのだと思います。

■再び地雷を踏んでしまった! ほつれてしまった母との関係

私と母の関係は、一件落着に見えたようなのですが…

トラブルが起きた直後だったので少し慎重に動こうと思い、夫婦で家を「出る時間」を話し合いました。

「今日、出る時間どうする?」。夫にたずねると、「22時かな」と返答。早速母に、出る時間と到着予定時間をメールすることに。

話し合いの末、22時出発になったことをメールで伝えておきました。

息子きっくんは寝かしつけに時間がかかるため、この時間に出発することは今まで何回かあったのでとくに疑問に思いませんでした。

…しかし、このやりとりがキッカケで、母との関係がさらに泥沼化することになるとは思いませんでした。

20時前、「もう少ししたら家を出ようか?」と言う夫。え? 「でる時間」と「ねる時間」で、夫と話がかみ合っていなかった!

やっちまったと思いました。

夫と「ねるじかん」と「でるじかん」で話がかみ合っていなかったのです…。

あぁたしかに今思えば、夫との会話がおかしいと思った…

あの変な間は、そういうことか。

そんな思いが頭をグルグル。

このタイミングで予定より2時間早く出発するのは母がどう思うだろうか…。

でも夜遅いよりは早く到着したほう方が迷惑は少ないかな? と思い、ドキドキしながら連絡をしてみると…

早めに行ったほうが迷惑も少ないかな、と思い、母に「2時間早く到着してもいいかな?」と連絡すると…。「人んちって自覚ある?」。

またしても地雷を踏んでしまいましたーーーーー。

■もう頼らない! 爆発してしまった私の思い

でも、私にも言い分がありました。

どうして自分はこんなにも相手の顔色をうかがってるのだろう??

とくにこの日はイヤイヤ期真っ盛りの息子に手を焼いていたので、そもそも正確な時間なんて読めなのに…! とやり切れない気持ちがこみ上げ…

私の中で何かが、切れた…。そして、母に迷惑を掛けたことを謝り、「今晩は泊まらない」ことをメールするのでした。

「料理を用意してくれるわけでもないし」「お風呂だって気を遣って先に家で入ってから出発してるのに」「きっくんに朝から振り回されて、メールひとつ打つのも大変なのに」「子育てをしてきた人がどうしてそこを理解してくれないの?」そんな思いで頭がいっぱいでした。

このメールを最後に私は、実家とは距離を置こうと決心しました。

「誰かに甘える」ということは、その人の迷惑になる。

そう考えてしまうのは、受験や結婚、出産と節目のたびに、今まで何度も母と衝突してきたからでした。

甘えない、頼らない。昔からそう思ってきたのに、子どもが生まれて大変な私のことを一番わかってくれるのは母だと思ってまた頼ってしまった…。
頼らないと決めたとたん、心にぽっかりと穴が開いたような感覚に…。

頼らないと決めたとたん、心にぽっかり穴が開いたような感覚に…

ここまでは、「私サイド」のお話でした。

この後、ついに母の胸の内が明かされます。

なぜこうも私たちが泊まることで、母の感情が乱されていたのか…

そして私たちがたどりついたお互いの反省点についても話したいと思います。

長くなりますが、続きます!
(ねここあんな。)

当記事はウーマンエキサイトの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ