CUBERSがメンバーのプライベートを「妄想ロマンス」♡

UtaTen

2019/10/10 17:00

CUBERS!メンバー紹介


TAKA



生年月日 1993年11月14日
出身地 愛媛県
身長 180cm
特技 サッカー

春斗



生年月日 1991年3月5日
出身地 東京都
身長 172cm
特技 料理



生年月日 1997年1月6日
出身地 東京都
身長 170cm
趣味 筋トレ・アニメ・漫画

綾介



生年月日 1993年8月26日
出身地 佐賀県
身長 171cm
特技 ダンス(POP)

9太郎



生年月日 1993年7月28日
出身地 千葉県
身長 168cm
特技 自撮り

オラオラにオタク…キャラ色々CUBERS!


──最近の出来事からお話していきますか!私、9ちゃんの上げてるオタクのあるある動画がめっちゃツボなんです (笑)!


9太郎:嬉しい。ありがとうございます。やったー!

──それなー!!!

9太郎:それな。それなー(笑)!

──ちょっとイラっとするけど、でもあまりオタクの文化を知らないから勉強になる。

TAKA:僕らでさえもこういうのなんだって思うのが多いです!

──自分がオタクだからこそ分かるあるあるネタって感じですか。

9太郎:それもありますし、僕はファンの方、世の中のオタクの方を愛を持って真似してるので、あくまで愛を持ってやってるので、怒らないでほしいなって思っています(笑)

──全然いいと思う!でも怒られるんだ。

9太郎:あのー、ちょっとプンスカしてる人はいますね。

綾介:賛否両論ね。

──私は良いと思います!前回のリリース以降も皆さん舞台出演されていたり、出演が決まっていたりすると思うんですけど、TAKAくんがまた舞台のお稽古中とか。

TAKA:はい、最近はドラマも初めて出させてもらえることになりまして、この間撮影終わりました。
tvkのドラマなんですけど、やってみて舞台と演じ方がほぼほぼ違うんだなって思いました。

──舞台出身でその後ドラマでも活躍される方って多いですけど、全然違うものなんですね。


TAKA:全然違いますね。舞台だとなかなか伝わらない細かい部分でも、カメラで抜かれると、例えば目の動きだけでも伝わるんですよ。
声も一緒で、ボリュームもちょっとしたニュアンスが変わるだけでも全然違うんですよ。

でも舞台って広いので、そういう色々な環境があると思いますけど、ちょっとオーバーにしないと伝わらない部分も沢山あるので、そういったところで細かいニュアンスの違いで伝わる分、逆にオーバーにしすぎると、ちょっとリアルから外れちゃうというか、そこらへんの難しさがあったので大変ではありましたけど、やりがいは感じましたね。確実に。

──ドラマ撮影などで新しいことを学んできて、CUBERSの活動に活かせてる事ってありますか?

TAKA:ついこの間撮影が終わったばっかりなので、なかなかまだ難しいんですけど、一つ思うのは、画面越しの人に対してもこれからCUBERSとしても表現者であっていかないといけないわけじゃないですか。

そういった意味では画面の先にいるお客さんに心を動かす事をするのは、音楽であろうが役者であろうが一緒だと思うので、そこで学んだことをこれから上手く還元できたらなって思います。

それに、僕がドラマに出させてもらったことでCUBERSの新たな道が開かれればなっていう、例えば他のメンバーもドラマで活躍するようになったりとか、そういった意味でも還元できればすごく嬉しいです。

──前にインタビューで、学園ドラマやりたいって話したの覚えてますか?

綾介:あぁ、してた!

:うんうん。

綾介:やりたい。

TAKA:僕が今回出たドラマ学生なんですよ、実は。

──そうなんですか!叶いましたね!

9太郎:叶ってる!

TAKA:そうなんですよ!学生役やったんです、なんならちょっと不良の。

──へえ、そっちなんだ!

TAKA:そっちです(照)。ちょっと悪い方の学生で、先生相手に突っかかっていったりとかする役なので、正直やりたかった役ですね。

──不良役やりたかったんだ(笑)

TAKA:やりたいです(笑)!だって学園ドラマの「ごくせん」とかああいうのが憧れだったので!そういった意味でもやれてすごく嬉しかったです。

──綾介くんがオラオラの作法を伝授したんでしょうね(笑)。

綾介:いやいや、何言ってるんですか(笑)!

TAKA:だから役の台本読んだ時に綾介ならどうやって動くかなって…。


全員:(笑)!!

TAKA:綾介ならこの先生に対してどうやって突っかかっていくんだろうなっていうのを想像しながら。

綾介:そんな僕学校で迷惑かけて生きてないですから(笑)!結構真面目に生きてましたから。

TAKA:「先公!」とかっつって(笑)

綾介:完全に妄想ですよ!

9太郎:先公ってなかなか言わないよ(笑)

綾介:彼らに作られた『妄想ロマンス』ですよ、これは。

──上手い事もってきましたね(笑)。

綾介:そうですよ~曲の話いきましょう!もう!

──そうですね、曲の話いきましょう!

サイサイひなんちゅ作詞の『妄想ロマンス』


──『妄想ロマンス』!作詞がひなんちゅさん、作曲がひろせひろせさんということですが、お二方とは何かやりとりあったんですか?


春斗:レコーディングの時にひろせひろせさんがディレクションして下さって、歌詞に対してこういう歌い方でっていうお話はあったんですけど、ひなんちゅさんは冒頭のイントロ「エビエビテーション エビテーション~♪」っていうところをレコーディング直前までどうするか悩まれてて、ひろせひろせさんとどうしようかって話した結果、本当に意味ないことにしようって事で「エビエビテーション エビテーション~♪」になりました。

──意味なかったんですね、あれ。ちょっと悩んじゃいました(笑)。

春斗:意味ないんですよ。その方が「どういうことだろう?」って思ってもらえたり、耳に残るとか、そういう意味で意味ないことにしたっていう。

「エビエビテーション エビテーション エビナンシー ワン キス フォー ミー オー」

──全然意味分からないですね。

春斗:でも「ワンキースフォーミー オー」と「ワンキースフォーミー ユー」が候補にあったんですけど、僕に「どっちがいい?」って聞かれて。「オーっすかね?」って言ったら、じゃあそれでって言われて!

9太郎:嬉しそうに(笑)

TAKA:でも「オー」になったからああいう振りになったと思うんだよな、俺。

9太郎:確かにね。確かに「ユー」だったら違ったね。

春斗:僕が作詞作曲してると言っても過言ではないかもしれないですね(笑)

──過言ですね(笑)

春斗:(笑)

TAKA:ここにサイレントサイレンひなんちゅ、ちょっと春斗って(笑)

9太郎:ちょい春斗。

TAKA:でもお二人優しくて、ひなんちゅさんとか9太郎と意気投合してましたね!

9太郎:とっても優しいんです。

春斗:動画撮ってたもんね。

9太郎:一緒に「おいらおいら~」の動画撮ってくれて!ファンの人に「何やらせてんの」って言われましたけど(笑)

──レコーディングの話から伺ってしまいましたが、『妄想ロマンス』を受け取った時いかがでした?優くん。


:そうですね…実は僕フレンズさんが好きでずっと聴いてたので。
サイレントサイレンさんももちろん知ってたんですけど、特にフレンズさんの曲は結構聴いていたので、『妄想ロマンス』のラップのところとかは「あー、キタ!」って感じで(笑)

──ちなみに、今回ラップパートは春斗くんですか?

春斗:そうなんですけど、でもちょっと(綾介)入ってるんですよ。

TAKA:食い込んできた!

春斗:食い込んできたんですよね、これが。

綾介:実は!

──ちょいちょい聴こえているのが綾介くんの声?


綾介&春斗:そうです!

綾介:しかもこれレコーディングの時にひろせさんに指示されたようにやらなかったんですよ。1回自分で落とし込んだ風にやったら、「Good。」ってひなんちゅさんに言ってもらって。めちゃめちゃ綾介節出してます。

──おお、いいですね。

綾介:春斗くんとはタイプの違うラッパーのイメージらしいです。その融合ということで。
UtaTenさんで4年ラップパートの話ししてきて、やっとですよ!

春斗:じゃあもう今日(締めのフリースタイル)やらないの?

TAKA:だからこそやるんでしょ。

綾介:いやいや、夢かなったからもう。次の企画やりましょうよ~!

──ラップでソロパートを獲るために引き続きやっていきましょう(笑)。

TAKA:ラップでソロパートとれたときには「おめでとう!」って。

──その時は独占ソロインタビューですかね(笑)。

全員:おー!

春斗:それは素晴らしいですね!

綾介:いいっすね。それでいきましょう!

──今作『妄想ロマンス』のポイントとなる歌詞について伺いたいです。みんなして気に入ってるフレーズとか。

綾介:やっぱ、ラップじゃないですか?途中で「踊りたい騒ぎたい!」とか「こんな妄想しちゃってる」とか2声になるところがあるので。

春斗:自分が歌ってるところじゃん(笑)

綾介:そこは結構気持ちが入ってるのかなっていう気がします。

春斗:僕は、今回初めて女性が作詞してくださって、ぱっと聴いた感じ可愛いなって思ったんですけど、「ハグとかエスコートもしちゃってみたり?」とか、「君は僕を好きになる」とか結構攻めてるなっていう感じがしていいなっていう思いはありますね。素敵ですね。

綾介:気付いた?サイサイこういう曲書くのよ、結構。ストレートなんですよ。

──こういう歌詞をSilent Sirenさんが歌うのとまた全然違いますもんね。

綾介:そうなんですよ。

メンバーのプライベートな時間を妄想


──『妄想ロマンス』のサビの歌詞で歌われている「君は今なにしてるの?」ってフレーズからの質問になるんですけど、メンバーの皆さんが、それぞれ家に帰ってから寝るまでのプライベートな時間をどのように過ごしているか、妄想ロマンスしていただきたいと思います!


綾介:他己妄想ですかね。

TAKA:なるほど。それは面白いですね~!

──じゃあ9ちゃんからいきましょうか。

9太郎:ちょうだいちょうだい!

──ちなみにおうちには行ったことある?

TAKA:ないです!

綾介:ないね!

──おうちの感じも妄想しなきゃですね。

9太郎:結構長くなるよ!寝るの3,4時だから(笑)。

TAKA:色々溜め込んでたら、家帰ってドア閉めた瞬間に、オラりそう。

綾介:叫ぶってことでしょ?

TAKA:そう。「あ────!」

──怖い怖い(笑)

春斗:もはや妄想じゃねーじゃん、リアルじゃん。俺もそれ思った。

綾介:1回充電するんじゃない?最初に。

TAKA:エゴサしまくりそう。

綾介:それ帰りの電車とかでしてる、多分。

TAKA:エゴサは電車でもするけど、帰ってからのエゴサは、1個1個のエゴサに対して何か一言言ってそう。ぶつぶつ。

綾介:「クソが!」とか「そうそう」とか(笑)

春斗:確かにね。

TAKA:え、ちょっと図星?そんなことはない?

9太郎:肯定的なものに対しては別に言わない。何かうるさい事言ってきたやつには「うるさっ」とは言ってる(笑)。

TAKA:あー、本当に言ってる?やっぱそうなんだ(笑)。俺イメージ出来たもん、言ってそうやなって。

──ちなみに、忙しいと思うけど一人一人のコメント見れてるんですか!?


9太郎:はい、全部いいね押してます。昨日いいねめっちゃ押しすぎて規制かかっちゃって(笑)。

──すごい(笑)、ファンは嬉しいですね!

TAKA:あと他何かないの?エゴサ以外で。

綾介:鏡はみてそう。

TAKA:あ、明日の準備してそう!

9太郎:寝る前に。皆当たるね!

春斗:あと、爪噛んでそう。

9太郎:爪噛むんです僕。これファンの方も知ってるので全然いいんですけど、中学生くらいから爪切りでやったことないんですよ。爪噛んで飛ばすか、机のはじっこに並べる。

TAKA:並べる?!

春斗:ヤバ(笑)

:それどうするの?並べて見てるの?

9太郎:並べといて、あとから気付いて「はっ」ってなって、回収して捨てる(笑)

TAKA:どういうことや(笑)

──怖い(笑)。では続いて優くん。優くんは帰ってから何してそう?

9太郎:優はね、すぐ寝てますよ。手洗いうがいもせずにすぐ寝てそう。


:手洗いはするけどうがいはしない俺。

綾介:ソファーとかでそのまま寝そうですよね。ちょっと携帯みて。

:あ、うちソファーない。

──あ、そうなんだ(笑)

TAKA:あとバナナ食ってそう(笑)

9太郎:食ってるじゃんだって(笑)

春斗:お菓子食ってそう。

──筋トレはまだ続いてるんですか?

:最近ちょっと出来てないですね。

綾介:なにしてるんだろう。本当に寝てそう、すぐ。暇さえあれば。

:実際は部屋のBGMとしてTVでバラエティとかかけてます。

春斗:あー(笑)

:ラジオとか、TVのトーク番組とか録画したやつも。

TAKA:へえ、観ないのに?

: 1回観たことあるやつだと、「この後これ喋るわ」っていうの分かりながらも聞いてる。

春斗:分かるー。俺も帰ってすぐテレビつけます、寂しいから(笑)

──続いて、TAKAくんは?

綾介:TAKAもすぐ寝てます、多分。電車でも寝てるし、家ついてからも速攻寝てると思う。


春斗:キャラ的には帰った瞬間に紅茶飲んでてほしいですけど(笑)。

綾介:絶対そんなことはしてない(笑)

春斗:でも絶対帰った瞬間全裸(笑)

綾介:パンイチ、パンイチ!

TAKA:パンイチはそう(笑)。それと、紅茶じゃないけど飲み物は絶対氷入れて飲みます!

:えー!なんで?

TAKA:冷たいのがめちゃくちゃ美味しいから。

:冷蔵庫に入ってて冷たくても?

9太郎:もっと冷たさに拍車かけたいのね?

TAKA:そう。だから、ちょっと待つんですよ、入れてから。

9太郎:あー、こだわりがある系か。

TAKA:帰って飲み物飲むときはそれで飲むね。それで絶対来てた服は脱ぐ!

:俺服脱ぐかも、帰ったらすぐ。

TAKA:あ、部屋着のTシャツに着替えるってこと。

綾介:そういうことか。

──お風呂入る前に一回新しい服着ちゃうんですか?!

9太郎:謎ですよね。

TAKA:着ちゃいます着ちゃいます。

9太郎:風呂入るまでの短期間で?!もったいない!

春斗:確かにそれはもったいない。

TAKA:もったいないっていう感覚があんまり分からなくて。

──ちょっとしか着てないのに洗濯物増やしちゃうみたいな。


TAKA:あ、洗濯物増やしちゃうってことですか。

春斗:うん、なんかちょっと損した気分になる。

TAKA:へえ、全然ならないな。

──面白い。初めて知ることもありますね~。春斗くんは家帰ったらなにしてそう?

9太郎:ゲームしてますよ。アプリゲーム。

綾介:サイバーハンターしてますよ。

TAKA:ずっと俺ゲームだと思うな。

9太郎:ずっとゲームっすよ。空き時間もずっとゲームしてますもん。しかもなんか、意味のないゲームしてるんです(笑)。生産性のないゲームっていうか、時間を潰すためだけのゲームっていうか。

TAKA:それを春斗くんこんな真顔で(真顔)。

9太郎:そうそう。

TAKA:RPGとかしないでしょ?

春斗:しないね。サバゲーばっか。でも、最近は飼育ゲームやろうと思って。

綾介:へえー。

春斗:普通のワンちゃんとか猫とか、


9太郎:なんでワンちゃんには「ちゃん」つけたのに猫は猫なの?「ワンちゃん」っていうなら猫にも「ちゃん」つけて!猫嫌いじゃん!(笑)

春斗:じゃなくて、普通じゃない飼育ゲームのアプリをとったんですよ。

9太郎:何普通じゃないって。ティラノサウルスとかそういうこと?

春斗:でもマジでそんな感じで。

:生き物が普通じゃないってこと?

春斗:そうそう。

9太郎:何を育てるの?

春斗:歩く石とか。

綾介:闇深いな。

──最後に綾介くんは?

TAKA:綾介…

9太郎:なにしてるんだろう。

春斗:想像つかないな。

TAKA:ウェーブ通してそう。

9太郎:あーしてそう!めっちゃウェーブ通してそう!

TAKA:ウェーブ通しながら服を脱いでそう。

綾介:変態やん!春斗くん以上に変態(笑)。

TAKA:コップとか取るときもウェーブ通しながら(笑)

綾介:すげー時間かかるじゃん(笑)

9太郎:確かに(笑)

TAKA:なんだろう、なにやってるんだろう綾介って。綾介こそとりあえずですけど、多分ご飯買って帰る。

春斗:あー。

:俺外で食べてそうなイメージある。

全員:あー(笑)

綾介:それは当たってます。絶対家で食べないので外で。

9太郎:あと、綾介がいいねしましたっていう通知がくるから、言うてスマホ見てるんじゃないかな。

春斗:YouTubeは絶対観てそう。

TAKA:あ、動画めっちゃ観てそう。

9太郎:でも何観てるの?綾介がYouTube観てるイメージない。

TAKA:結構色々なやつ観てるよ。日によって全然ジャンル違うの。お笑いとか観てればライブ映像観てれば、

綾介:何で知ってるんだよ(笑)!

9太郎:手広いのね。


全員:(笑)

綾介:実際は玄関から風呂に直行します。シャワー浴びて、バスローブに着替えて…

9太郎:えー!それ夏?

春斗:ヤバ。

綾介:バスローブ以外で僕ベッドに入るのが無理なんですよ。

春斗:バスローブ持ってる人初めて見た。

9太郎:俺も。

TAKA:逆にそのバスローブを毎回洗濯するってことだよね?

綾介:そうそう。

9太郎:何着かあるの?

綾介:何着かある。バスローブを洗濯してて乾いてない時とかあるじゃん、そういう時はぬいぐるみみたいな生地のモフモフ系のセットアップ着てる。

9太郎:バスローブって生地はバスタオルみたいな感じなの?

綾介:あれよりもうちょっとモフモフしてるやつ。基本バスローブで、携帯ずっといじってるかもしれない。友達とずっと電話しっぱなしでエゴサしたりとか。誰かと電話してますね、寝オチするまで。

──さすが友達多いだけありますね。ありがとうございました、メンバーの帰宅後"妄想ロマンス"でした(笑)。

春斗:そんな妄想ロマンス(笑)

綾介:現実ですよ、現実(笑)!

『PEOPLE GAME』はセクシーな振りが見所!


──そしてカップリング『PEOPLE GAME』についても聞いていきたいなと思うんですけど、もう披露もされているようですね!


春斗:『PEOPLE GAME』は『妄想ロマンス』より大人になった、曲もロック調ですごいカッコいい感じで。これを綾介が振り付けをしてくれて。

綾介:そうなんです。腰振りダンスとかちょっとセクシーな感じで。
今までのCUBERSにないような、がつがつした肉食男子みたいな感じで振り付けをさせていただきました。

──9ちゃんどんな表情で踊るのか気になるな…。

9太郎:これが意外とセクシーな顔してるんですよ。自分で言うのもなんですけど。ドキッとしちゃいますよ、絶対に。

綾介:みんな各々ダンスの腰の振るニュアンスとかも結構違って、肉食感というか、がつがつしてる感じ出してるんですけど。9太郎はどういう感じ?肉食男子に攻められてる感じ?(笑)

9太郎:なんで肉食男子に攻められてる!誰が喜ぶ(笑)!需要と供給がなりたたなすぎる。

全員:(笑)!

──優くんも最年少キャラみたいなイメージがあるのでセクシーというとどんな感じになるのか気になりますね。

綾介:そこもいいんですよ。ちょっと背伸びみたいなセクシー。逆にTAKAとかはすごい情熱的にやるんですよね。

TAKA:(笑)

春斗:情熱的に?(笑)

綾介:メラメラな感じ!各々違った良さが振りにも出てて。感情をちゃんと解放できてるのかなっていう。

TAKA:春斗は?


綾介:春斗はちょっと良くわかんない(笑)

全員:(笑)

春斗:全然俺、つんく♂さんイメージしてるけどね。

全員:(爆笑)

綾介:つんく♂さんイメージして腰振ってるの?

9太郎:何で腰振る時つんく♂さんイメージしてるの?マジでなんで?意味が分からないんだけど(笑)どういうこと?

:マジでわけわからない(笑)

TAKA:1回整理しよ(笑)

春斗:つんく♂さんに対してなわけねーじゃん!なんでだよ(笑)

9太郎:ライブでそのフレーズ来るたびに笑っちゃうわ!!!

春斗:つんく♂さんが踊っている映像を見たことがあるんですけど、すごくセクシーな感じなんですよ!

全員:そういうことか。

9太郎:ちゃんと言ってよ!

TAKA:びっくりした。

──(笑)!では最後に、優くんから『妄想ロマンス』のリリースに関して読者の皆さんにメッセージをお願いします!

:メジャー2ndシングルリリースに伴ってツアーを東名阪でやるので、各地のリリースイベントで出会った人と11月のツアーで終結したいっていう想いがあるので、是非ライブを見に来てください!

──ありがとうございます、では綾介くん、今回もラップで締めてください!

綾介:ビート頂戴!
~♪俺の振り付け『PEOPLE GAME』 聴いてくれてマジThank you for the people 春斗の腰振りダンスはつんく♂さん 妄想して止まらん暴走♪~

全員:お~!!!(拍手)

TAKA:回を重ねるごとにスキルが上がってる(笑)。

──素晴らしいです、ありがとうございました!

全員:ありがとうございました!


TEXT:愛香
PHOTO:片山拓

プレゼント応募について

Twitterで応募するとサイン入りチェキをUtaTenをご覧の方に抽選でプレゼント!!

【応募方法について】
UtaTenのTwitterアカウント(@utaten)をフォローをします。
(既にフォローしていただいている方はそのままで!)

UtaTenのページにあるこの記事上下のツイートボタンからツイート。
※入力されている内容は消さないようにご注意ください!(追記はOK!)

応募完了となります。応募締め切り後、当選者の方にDMにて当選の旨をご連絡致します。
※応募完了後であっても、該当のTweetの削除、UtaTenのフォローを外した場合、その時点で応募対象外となります。

Follow @utaten

Tweet

【応募締め切り】
10/27(日) 21:00まで

【当選の通知方法】
締め切り後に抽選を行い、当選者には@utatenからDMにてご連絡いたします。
※ご自身のTwitterアカウントのDM設定をご確認ください!!

当記事はUtaTenの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ