盗聴器発見業者への依頼が6月と12月に多い理由

ラジオライフ.com

2019/10/10 19:05


室内に盗聴器を仕掛けて話し声などを盗み聞く盗聴行為は確かに存在します。しかし、実際の盗聴行為件数の数十倍、数百倍もの被害“妄想”が存在するのも事実です。盗聴器発見業者にその実情を聞きました。盗聴器発見業者への依頼が最も多い時期は6月と12月。この時期になぜ盗器聴発見の依頼が増えるのでしょうか。

盗聴器発見業者への依頼が6月と12月に多い理由

株主総会で盗聴器発見業者に依頼


盗聴器発見調査の相談件数は年に1,000件以上。しかし、調査を実施して盗聴器が発見されるのは、そのうちの数%でしかありません。盗聴器発見業者によれば、依頼者宅から盗聴器が見つかる確率は全体の3%程度といいます。

盗聴を疑う人の多くは、異性関係が派手だったり金銭の貸し借りを行っていたりと、その人自身にも問題があることが多いとか。このため、長年やってきた勘からある程度、依頼者から話を聞けば盗聴器の有無が分かるといいます。

盗聴器発見業者への依頼が最も多い時期は6月と12月。6月は株主総会があるため企業からの依頼が殺到します。企業の最高機関である株主総会の内容が外に漏れるのを防ぐためです。映画のような話ですが、産業スパイは実際にいるといいます。

怪しい盗聴発器見業者の見抜き方


12月は「離婚するかどうか白黒つけてから実家に帰郷したい」といった、年内に区切りをつけたいと考える人からの依頼が増えるようです。逆に盗聴器を仕掛ける側も同じように考えるため、12月は盗聴器の発見数も多くなります。

なお、盗聴器発見業者への依頼で多いのは女性からの相談。依頼者の8割以上が女性だといいます。特に水商売など夜の仕事をやっている女性が多いようです。年齢は10代の女子校生から80代の老人までと幅広く、男女関係のもつれから盗聴を疑うケースが目立っているといいます。

最後に、怪しい盗聴発器見業者の見抜き方を聞くと「手ぶらで来たり追加料金を取る業者」という答えでした。徹底的に調査を行うにはしっかりとした道具が必要。しかし、電波は目に見えないため、無線に詳しくない人は簡単に騙されてしまいます。

盗聴器発見業者の中には、自ら盗聴器を持ってきて「発見した」と偽り、追加料金を要求する悪徳業者も存在するのです。

当記事はラジオライフ.comの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ