おのののか、にわかラグビーファンへの持論語る 「すごく素敵」

しらべぇ

2019/10/10 18:40




「初心者」や「未経験者」という言葉と違い、悪意あるニュアンスが感じられるのが「にわか」。にわかファンに対して悪いイメージを持っている人も多いのではないだろうか。

タレント・おのののかが、「にわか」に対する持論を展開している。

■日本でのラグビー人気


日頃はそこまで興味がないスポーツも、自国で大きなイベントが開催されるとなると話は別。現在ワールドカップが開催されているため、日本国民のラグビーに対する興味は次第に高まっている。

しかしもちろん、「今回初めてラグビーの試合を観た」という人も大勢いるだろう。


関連記事:にわかファンを受け入れられる? もっとも寛容なのは40代女性と判明

■おのの持論


これまで興味がなかったにも関わらず、イベントなど突発的な出来事を切っ掛けにファンになった人たちに厳しいのが古くからのファン。

ネット上では、新規ファンに対して「にわかファンがどんどん増えてる」「いきなりラグビーについて語られても…」といったような辛辣な声も少なからず上がっているようだ。

しかし、おのは9日にツイッターを更新して持論を展開。「その競技のこと詳しくない人がテレビのゲストに呼ばれたとき、叩かれるのが謎」と、「にわかゲスト」が揶揄される風潮に疑問を抱いている。



■おのから見たラグビーファン


「興味がないなら来るな」「知ったかするな」という意見に批判的なおのは、ラグビーファンの懐の広さに注目。

「ラグビーファンの方々は、ルール知らない人も一緒に盛り上げましょうと受け入れてくれる空気がすごく素敵」とコメントしており、自身の知るラグビーファンたちのフレンドリーな空気がお気に入りなようだ。

■にわかファンへの許容


にわかファンへの風当たりを確かめるべく、しらべぇ編集部は全国の10~60代の男女1,721名を対象に調査を行なった。調査の結果、「にわかファンを受け入れられない」と感じている人は全体の22.1%と判明。

性年代別の結果を見ると、40代女性が最もにわかファンに寛容なことが分かる。



団体競技や個人競技に関係なく、そのスポーツに興味がある人は全員が仲間同士。おのが指摘したように「にわかゲスト」にも寛容であるべきだが、ゲスト側も最低限の知識を身に付けておくべきだろう。

・合わせて読みたい→『スッキリ』加藤浩次、ゲストの宇垣美里に「オタク気取ってるくせに」

(文/しらべぇ編集部・秋山 はじめ

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2019年5月17日~2019年5月22日
対象:全国10代~60代の男女1721名 (有効回答数)

当記事はしらべぇの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ