川崎あや後継者は桃月なしこ?「任せてください!」の真相を語る【写真27枚】


2020年3月に引退を表明している川崎あや所属の芸能事務所「ゼロイチファミリア」。その「ゼロイチファミリア」のタレント陣が、『Platinum FLASH』をジャックしたことを記念して10月6日に都内でイベントを開催。

この日は、同誌の表紙を飾った川崎のほか、黒木ひかり、桃月なしこ、十味、青山ひかる、御寺ゆき、林ゆめ、霜月めあ、本田夕歩、水湊みお、森嶋あんり、我妻ゆりかの12名が出席した。

川崎と言えば、同事務所の看板タレントとして名を轟かせているグラビアアイドル。メリハリの効いた52cmの美クビレを武器に、雑誌の表紙を飾った回数は数知れず。初の写真展「あやミュージアム」の開催や、アパレルブランドとのコラボも展開してきた。また、実績のみならず、事務所内での影響力も絶大。後輩たちの良きお姉さん。もとい、ママとしても親しまれるなど「ゼロイチファミリア」所属のタレントたちから愛されている。

そんな川崎が7月末に自身のSNSで引退を発表。川崎のほかにも、さまざまなタレントが誌面を飾ることが増え、テレビや大型イベントに出演する者も増えてきた最中だった。看板タレントの引退発表だけに、その衝撃は相当なだったよう。

桃月はTwitterにて「今日実はたまたま事務所行った時にこれ聞いてしまってめちゃくちゃ悲しかったしなんでって思ったけどでも今まであやちゃん頑張ってきたことだしあやちゃんが決めたことなら私は背中押すしかないのかなって心置き無く辞めれるようにゼロイチまかせても大丈夫って思って貰えるように頑張ろうって思った」(原文ママ)と呟いていた。

それから約2カ月経ち、後輩タレントたちと共に記念イベントに川崎が出席した。注目が集まったのは、川崎の次を担う看板タレント。期待の新人から、個性豊かなタレントまで所属しているが、今後は誰が牽引していくのだろうか。

本稿では、この日イベントに参加した「ゼロイチファミリア」のタレントから数人を、写真と共に紹介していく。今回は、コスプレイヤーと看護師の二刀流タレントとして注目を集める桃月なしこさん。

――裏表紙を撮影した時の撮影エピソードを教えて下さい。

桃月 見習い若女将みたいな感じで、色んな困難を乗り越えて頑張ってこうみたいな。困難っていう設定でハードル跳んだりとか縄をくぐったりとかしました。今までも沢山掲載してもらったんですけど、その中でも初めてのシチュエーションで撮ってもらいました。その中でも想い出に残っているのが座布団に乗るシーンで、バランス取るのが大変だったんです。左右から人に支えてもらって「ヨイショー」みたいな感じで。そこから落ちるみたいなカットも撮ったんですけど、けっこう危なかったんですよ。

――川崎さんのインタビューの中で、『引退後は私に任せろ』と発言したそうですが。

桃月 もちろんゼロイチみんなで盛り上げていきたいって気持ちはあるんですけど、あやちゃんの存在が大きすぎて、あやちゃんをそのまま背負うというのを軽々しく言える言葉ではないと思っています。

川崎 「任せてください!」って言われたのに、なしこのインタビュー見たら『あ、無理ですー』って、なんだったのアレ?(笑)。

桃月 みんなで盛り上げるように頑張るねって言う(笑)。

川崎 私はなしこかな。って思っています。

桃月 思われているみたいなので、ちょっと頑張ろうかなと思っています。

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ