矢沢永吉 日比谷野音ライブ中止「非常に残念」急きょ映像制作 異例のリハ姿を当選者限定配信へ

 ロック歌手の矢沢永吉(70)が10日、台風19号の影響のため12日に日比谷野外音楽堂で予定していたライブ「EIKICHI YAZAWA SPECIAL LIVE『THE STAR IN HIBIYA 2019』」を中止すると公式サイトで発表した。振替公演はない。矢沢は「やりたかったです」などとファンにメッセージを送った。

 矢沢は「とにかく非常に残念です。せっかく、43年ぶりに日比谷に帰ってくる、本当に楽しみにしてました。やりたかったです」と悔しさをあらわにし「ご招待させていただくことになっていた2456名の皆さん、非常に残念がっていることと思います」と思いやった。

 リハーサルの様子を収録した映像「OPEN REHEARSAL GIG HIBIYA 2019(仮題)」を急きょ制作し、12日に当選者限定で配信することを決定。普段は公開されない貴重なリハーサル姿を見ることができ、矢沢は「日比谷に向けてのリハーサル風景等…日比谷ではないですが、その模様をご招待のファンの皆さんへ、インターネットで配信しようと急きょ決めました」とした。

閲覧方法や配信時間は別途、当選者に案内される。

当記事はスポニチアネックスの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ