尾木直樹氏「とんでもない悪ボスか」 カズレーザー「どういう目的があったのか」 神戸教員いじめ問題で鍵握る前校長

神戸市須磨区の市立東須磨小学校の20代男性教員が、同僚の先輩教員4人から暴行や暴言などのいじめを繰り返し受けていた問題。教育評論家の尾木直樹氏はブログで、 前任の校長が加害教員4人の中でリーダー格の40代女性教員をヘッドハンティングした点について持論を展開している。実は『情報プレゼンター とくダネ!』(フジテレビ系)で10月からスペシャルキャスターを務めるカズレーザー(メイプル超合金)も、「どういう目的があって(40代女性教員を)引っ張ってきたのか」と疑問視していたのだ。

8日の『とくダネ!』では、昨年度の卒業アルバムにある教員の集合写真がぼかし加工された状態で公開され、最前列中央の前校長と前教頭の向かって右隣に、問題の40代女性教員が座っていると説明した。その横には加害教員2名も座っているという。同校の卒業生やその家族に話を聞くと、その女性教員はいじめの被害者である20代男性教員を指導する立場だったとのこと。また番組が取材した岡田祐二・神戸市議によると、この教員は数年前に前校長の希望で東須磨小学校に赴任、現在の校長より同校に長くおり、先日行われた保護者説明会では「指導力もあり、私も教えてもらうことが多かった」と話していたそうだ。教員の集合写真で座っている位置や現校長の話から、問題の女性教員は同校で働く教員の中で相当大きな権限を持っていたことが想像できる。

この話を聞いていたカズレーザーが「前の校長はどういう目的があって引っ張ってきたんですか? こういう問題のある教師だって、わかっているわけですよね」と疑問を呈したが、他の出演者からは「まぁ、優秀だと思って引っ張ってきたんでしょう」「たぶん(この女性教員は)前任の学校でもこういう形で全体を仕切っており、側から見ると統率力、指導力があると評価されたんではないでしょうか」との推測しか出てこなかった。

教育評論家の尾木直樹氏は10日、「前校長もとんでもない悪ボス!か」と題してブログを更新。9日に神戸市役所で行われた現校長の記者会見で、「前校長のワガママな人事」「訴え聞かなかったひどさ」「4人の加害者教師の内2人は前校長のお気に入り」「2人はいじめ対策委員会のメンバー」だったことに大変驚いたと綴っている。この記者会見の最大の効果は、“校長がお気に入りを選べる「神戸方式」を、来年度の人事異動から検討すると名言したこと”だとしている。

一部報道では、被害教員は昨年9月以降に前校長にいじめについて複数回相談していたが、今年3月に「(加害者の)男性教員にお世話になってるんやろ。いじめられてないよな」などと言われ、それ以降相談できなくなったと話しているという。今のところ前校長の公式なコメントは発表されていないが、現在の校長と同等の責任があるのではないだろうか。

(TechinsightJapan編集部 みやび)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ