氷川きよし「歌で限界突破していきたい」 V系に「母は喜んでいます」

今年5月に『ドラゴンボール超』の主題歌『限界突破×サバイバー』(2017年)をライブで歌う動画がツイッターで取り上げられて大きな反響を呼び、自身の名前がツイッターのトレンド入りを果たした歌手・氷川きよし。これまでとは違い、ラメの衣装に濃いアイシャドウのV系メイク、ヘッドバンキングしながら熱唱する姿でも驚かせた氷川が、10日に都内にて開催された『X-mobile 新CM発表会』に出席し、今後も「誰もやっていないことをやりたい」と意気込みを語った。

格安携帯キャリア「X-mobile」CMイメージキャラクターの氷川きよし。10日に公開された3本のCM「プレゼン」篇、「スゴい電話」篇、「限界突破WiFi」篇に、華やかなグリーンのグラデーションスーツを着こなす「ホワイト氷川」と黒のクールな衣装に身を包んだロックな「ブラック氷川」とイメージの違う2パターンで出演している。

発表会にはオートクチュールだという派手なグリーンのグラデーションスーツで登場した氷川は、グリーンは「目にいいですよね」と和ませながら「最近はロックも歌っていますから、2つの自分を表現できて楽しかったですね」とCM撮影を振り返った。

氷川は『限界突破×サバイバー』の反響について「本当に嬉しいですね。発売して3年目ですが、たくさんの方に話題にしていただいて、縁が広がって『限界突破×サバイバー』に感謝しています」と心境を明かした。この日発表されたWi-Fiの新商品名にも「限界突破」のワードがついている。日本のアニメが人気のフランスに「いつか生きている間に行って歌ってみたい」と目を輝かせた。

さらに、「コンサートでは今1年間ずっと『限界突破×サバイバー』を歌っていて、演歌もロックもシャンソンもいろいろな歌を歌っています」と明かした氷川。「黒いアイシャドウを入れて歌う歌が2曲ある。そのあと着替えてシャンソンを歌うんですが、目(のメイク)も落とさないでそのままでいいだろうと。(アイシャドウを)入れている方がすごく落ち着くし」とV系メイクも馴染んでいるようだ。そして「母は喜んでいますね。やるんだったら徹底してやったらと」と母親にも好評とのこと。

発表会で「今後突破していきたい限界」を聞かれた氷川は、「デビュー20周年なんですけど、自分らしく自分の好きな音楽を表現したいなと。ジャンルにとらわれない自分を歌で表現したい。演歌も歌いますし、ロックも歌いますし、いろんな曲を限界突破して歌っていきたい」と抱負を語り、「歌は何を伝えるかが大切で、伝えるべきものを伝えるためにただ歌っている。しっかり自分の経験したこととか自分が苦しんで、悩んで、嬉しくて…いろんな思いを人間として歌でジャンルを超えて伝えていきたい。誰もやっていないことをやりたいな。自分らしさを歌で限界突破していきたい」と力強く前を見た。

ちなみに普段スマホを道が分からないときに利用するという氷川は、実際に迷子になったことがあるという。「コンサートが始まる何時間か前にジョギングしていて、道が本当に分からなくなって泣き叫びそうになって…」とパニック状態になったそうで、「なんとか救出されました」と事なきを得たようだ。「本当にあれは困りました」とこぼしていた。

(TechinsightJapan編集部 関原りあん)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ