ピース又吉直樹『人間』新聞連載時の苦労を語り「途中はホンマに後悔しました」

E-TALENTBANK

2019/10/10 17:45


10月9日放送の日本テレビ系『ZIP!』にピース・又吉直樹が出演した。

【別の記事】ピース又吉直樹、相方綾部のNYでの近況明かし、加藤浩次「あいつは何をしに…」

番組では、映画『人間失格 太宰治と3人の女たち』の主演を務める小栗旬と、太宰治ファンの又吉が対談する様子を放送。この中で、10月10日刊行の又吉の小説『人間』の話題になった。

又吉は、今回の新刊は新聞で連載していたものを1冊にまとめたとして「9ヶ月ぐらい連載したんですけど、始まる前に40日分ぐらいの原稿のストックがあって」「3ヶ月ぐらいでもうストックなくなりまして」と明かし、「途中はホンマに後悔しましたね」「こんな大変なん?って」とその苦労を語った。

また「普通はなんか、今日書いたとこがあって、翌日『あ、こっちの方がいいな』と思ったら、前日書いたところ直すじゃないですか」「新聞の場合、もう出しちゃってるから、直せないんで」と語り、「前のやつ(文章)を絶対信用して(話を)繋いでいくっていう」と説明。

これを受け、小栗が「この日ちょっと『すげぇやっちまったな』みたいな(事は)?」と問いかけると、又吉は「ありますよ」と答え、「何してんねん!みたいな」「どうすんねん!みたいなのもありますし」と続けた。

さらに「たまにシンクロして。登場人物と自分が」「『この先になにか面白いことがあるんかなぁ?』みたいな。『分からん。でもとりあえず行ってみようか』っていうセリフあるんですけど、ほぼその時の僕の心境」と語って、周囲の笑いを誘った。

当記事はE-TALENTBANKの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ