法村友井バレエ団が贈る“愛と活劇のドラマ”『海賊』に注目! 豪華絢爛な舞台をフレッシュなキャストで披露

SPICE

2019/10/10 17:35



ギリシアの若い娘メドーラと海賊の首領コンラッドの恋を軸に繰り広げる華やかなスペクタクル。古典バレエの名作の中でも近年人気が高いのが『海賊』だ。1856年にパリ・オペラ座で初演されたアダン作曲によるマジリエ版が成功を収め、以後巨匠プティパの改訂を経てロシアで受け継がれてきたが、現在世界各国で新版が続々と制作されている。2019年10月27日(日)、大阪・フェスティバルホールで行われる法村友井バレエ団『海賊』も話題だ。

法村友井バレエ団は1937年に創立され、現在三代目の法村牧緒が団長を務める。法村牧緒は、ワガノワ記念ロシア・バレエ・アカデミー(旧ソ連邦国立レニングラード・バレエ学校)に日本人として初めて留学しワガノワ・メソッドを学んだロシア・バレエの第一人者だ。法村友井バレエ団が『海賊』を初演したのは2007年、マリインスキー劇場のセルゲーエフ版に準じるヴァジム・シローチンの振付だった。装置・衣裳はロシアのアンナ・コトロワのデザインで、Vozroizhenie社で製作・輸入し、豪華絢爛に舞台を彩った。このたび3回目の上演を迎える。
(C)Fumio Obana(OfficeObana)
(C)Fumio Obana(OfficeObana)

「エーゲ海を舞台に繰り広げられる愛と活劇のドラマ」で「全編、華やかなシーンで宝石のちりばめられたような作品」(リリースより)を上演するに際し大切なのは多士済々のダンサーたち。メドーラの新星・春木友里沙は、すらりと美しい容姿と安定感のあるテクニックの持ち主だ。コンラッド役のベテラン・今村泰典はパ・ド・ドゥにおけるサポートの上手さに定評がある。奴隷アリには西岡憲吾(福谷葉子バレエスタジオ)、奴隷商人ランケデムには今井大輔、メドーラの友人グリナーラには神木遙というホープを配し、海賊ビルバントにはマリインスキー劇場のドミトリー・プィハチョフを迎える。さらにトルコの提督セイード・パシャの井口雅之、キャラクターのソリストの堤本麻起子、坂田麻由美ら熟練の名手が舞台を締める。

(C)Fumio Obana(OfficeObana)
(C)Fumio Obana(OfficeObana)

芸術監督・演出は法村牧緒。全体の構成やキャラクター・ダンスをロシア・バレエに通じた法村圭緒が担い、クラシック・バレエの美の極致「夢の庭園の場」は名花として活躍し現在指導者として重責を担う杉山聡美がまとめる。また江原功が法村友井バレエ団音楽監督に就任し大阪交響楽団を指揮する点にも注目したい。

法村友井バレエ団はクラシック・バレエの全幕物を大事に上演しつつ、近年は新たな創作に挑んだり、名作のリ・クリエイションを行ったりと新生面も打ち出す。そして先に触れたように指導者・踊り手に新世代が台頭し活気があって、老舗かつフレッシュなカンパニーである。バレエの醍醐味を堪能できること請け合いの『海賊』の開演が待ち遠しい。

文=高橋森彦

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ