ピアニスト・清塚信也とどぶろっくがコラボ 「壮大なミュージカル」と絶賛

しらべぇ

2019/10/10 17:20

(画像は清塚信也 Instagramのスクリーンショット)
「今もっともコンサートのチケットが取れない」ピアニスト・清塚信也が、9日放送『バナナサンド』(TBS系)に登場。『キングオブコント2019』でコント日本一に輝いたどぶろっくと、あの下ネタでのコラボを果たし、大きな反響が起きている。

◼清塚と王者がコラボ


5歳からピアニストとしての英才教育を受け、数々の栄誉ある賞に輝いてきた清塚。日本人男性クラシックピアニスト初となる日本武道館公演を成功、年100本以上の演奏活動を行うなど、その活躍は枚挙にいとまがない。

多くのアーティストなどとコラボを果たしてきた清塚だが、この日は『KOC』王者のどぶろっくとコラボ。「大きなイチモツを下さい」と歌い上げるあのネタが、清塚の伴奏で生まれ変わった。


関連記事:『ダウンタウンなう』清塚信也の絶対音感に松本人志が興味津々 「喘ぎ声もそう聞こえる?」

◼清塚の超絶ピアノで…


病気の母の回復を神に祈る男。本当に神が現れると「男の本当の願い」が口をついてしまう、これがどぶろっくのネタのあらすじだ。

清塚のピアノ独奏からコラボコントははじまる。ギターと歌声に合わせ、清塚のアレンジが混じったピアノの音が響き、物語は重厚感を増していく。

元々、ミュージカル調のネタだっただけに、清塚のピアノとの相性は抜群。特に「大きなイチモツを下さい」というサビの部分は、清塚の力強いピアノが相まって、より素晴らしく、より面白い出来栄えとなっていた。

◼視聴者も興奮


鑑賞していたバナナマン、サンドウィッチマンも「すげえ」と大絶賛。どぶろっくは「イチモツにキレイなモザイクをかけてもらった」と喜びをあらわにした。

視聴者もまさかのコラボに興奮。称賛の声が殺到している。












◼2割弱「下ネタ言いたい」


しらべぇ編集部で全国10~60代の男女1,721名を対象に調査したところ、全体の17.0%が「チャンスがあれば下ネタを言いたい」と回答している。



どぶろっくの下ネタに合わせた清塚のピアノの音色は、単なる下ネタに留まらない、壮大な世界観を生み出した。下ネタ好きは少数派と言えるが、今回のコラボを楽しんだ人は少なくないはずだ。

・合わせて読みたい→高嶋ちさ子、亡き最愛の母への想いを語る 「一緒に死のうかと思った」

(文/しらべぇ編集部・サバマサシ

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2019年5月17 日~2019年5月22日
対象:全国10代~60代の男女1721名 (有効回答数)

当記事はしらべぇの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ