準備をするに越したことはない! 台風での被災者が準備しておくべきものを紹介

grape

2019/10/9 16:25

大型で猛烈な勢力の台風19号が、2019年10月9日現在日本列島に接近中です。

気象庁が同日12時45分に発表した情報では、12~13日ごろにかけて日本列島に近付くと予想されています。

同年9月に発生した台風15号によって被災したスガ(@suga23_5cm)さんは、停電や断水により、1週間大変な思いをしたことを漫画にしていました。


被災者が描いた『災害のリアル』に考えさせられる 「泣きそうになった」「すごく分かる」
そんなスガさんは、「早めに台風への備えをしてほしい」と呼びかけ必要な対策や準備を描いた漫画をTwitterに投稿しました。

台風19号が接近中!早めの対策を

食料や調理器具はクーラーボックスの中へ。停電してしまった時に、冷蔵庫の代わりとしても使えるといいます。

また、割りばしや紙皿は洗い物が減り便利です。

人感センサーの灯りは、スガさんが被災した時にも荷物で手がふさがっていても照らしてくれたため役立ったといいます。

さらに灯りがあることは、精神面でも支えになったようです。

また、5匹のペットを飼っているスガさんは、ペット用品も多く備蓄。災害時には、ペットの食料は手に入りにくくなるかもしれません。

ほかに、風呂を洗っておくことや、車のガソリンを入れておくなど今からできることも紹介しています。

すでに、台風15号によって家が被災している場合はどこかへ事前に避難することも1つの身の安全を守る方法かもしれません。

スガさんは、「たとえ何事もないまま台風が過ぎ去っても準備をするに越したことはない」とコメントしています。

2019年で最大の台風ともいわれている台風19号。接近日は、『大潮』のため浸水被害も懸念されます。

最新の情報をチェックして、事前の対策をしてください。


強い勢力を持つ台風19号 接近日は『満月』のため大潮にも注意

[文・構成/grape編集部]

出典 @suga23_5cm

当記事はgrapeの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ