内村光良、ウド鈴木への激怒を暴露され反省 「なんてちっちぇ男だ」

しらべぇ

2019/10/10 13:00




芸能人が「怒られて」成長したエピソードを披露した『怒られ履歴書』(フジテレビ系)が10日放送。ずんの飯尾和樹が、司会のウッチャンナンチャン・内村光良が「キャイ~ン・ウド鈴木に激怒した」エピソードを披露し驚かせた。

◼独身時代の内村に…


滅多なことでは怒らないため「仏のテル」と呼ばれている内村。そんな内村が激怒する姿を公私ともに交流のある飯尾が目撃していた。

それは内村が独身時代のこと。収録が早めに終わった飯尾達は内村を飲みに誘う電話をすると、内村は仕事を終えて自宅で1人呑み中。ここで内村から「家で来るか?」と逆に誘われ、飯尾らは喜んで内村宅へ向かった。


関連記事:『イッテQ』内村光良、ロッチ中岡の態度に激怒 「あの野郎…」

◼ウドの甘えに怒り


楽しく飲んでいる最中、内村が「インスタントラーメン作ってやろうか?」と作り出し、冷蔵庫を覗き「卵入れるか?」とトッピングを聞きはじめた。

ここで酔ったウドが甘えて「師匠、もやしだったり、肉なかったらハムを…」とトッピングを次々に注文。

すると、それまでニコやかだった内村の動きが突然止まり、背を向けたまま冷蔵庫を力強く閉じる。そしてそのまま「色々トッピングの注文ありがとうございます。しかしながら私はラーメンで生計を立てておりません!」と激怒したという。

これを暴露された内村は「なんてちっちぇ男だ」と苦笑いしながら、過去の自分を恥じた。

◼視聴者も驚き


長く番組でも共演し、仲の良い内村とウド。それもあって先輩に対して甘えすぎたウドに、内村の堪忍袋の尾が切れたのだろう。このエピソードに視聴者からも驚きの声が挙がっていた。







◼約3割が「優しい人にキレられた」


しらべぇ編集部で全国20~60代の男女1,336人を対象に調査したところ、全体の29.2%が「優しいと思っていた人に、突然キレられたことがある」と回答している。



優しい人であっても「コレは許せない」一線があるはず。いつも優しい内村も、ウドの不躾な要求には我慢ならず、怒りを爆発させてしまったようだ。

・合わせて読みたい→ウッチャンナンチャン、久々共演でファン歓喜 出川哲朗「何時間でも見てられる」

(文/しらべぇ編集部・サバマサシ

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2017年9月29日~2017年10月2日
対象:全国20代~60代の男女1,336名 (有効回答数)

当記事はしらべぇの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ