【東京モーターショー2019】アイシン 自動運転コンセプトカーを出展

オートプルーブ

2019/10/10 12:30

アイシン精機、アイシン・グループは2019年10月8日、東京ビッグサイトで10月25日~11月4日まで開催される「第46回 東京モーターショー2019」に、「歴史が裏付けるアイシングループの技術力と、未来への挑戦」をテーマに出展すると発表した。

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); googletag.cmd.push(function() {var slot = googletag.defineSlot('/62532913/p_autoprove_300x250_kiji2_20391', [300, 250], 'div-gpt-ad-1540274792174-0').addService(googletag.pubads());googletag.enableServices();flucttag.showDfpAd(slot);});今回は、多様化するモビリティ社会での様々なユーザーや乗車状況を想定した技術やサービスを搭載した、未来に向けた自動運転コンセプトカー「i-mobility TYPE-C」を国内で初めて出展する。

またアイシングループの幅広い事業領域を訴求する「i-mobility TYPE-T」は現時点を表し、アイシンの従業員がレストア製作した1960年代のトヨタ自動車「スポーツ800」をヘリテージの象徴として出展する。

また「CASE」のそれぞれの領域で、社会が抱える課題を実際に解決してきたこれまでのアイシングループの製品・技術と、新しい目線でその課題の解決を目指し開発を進めている、現在・未来の製品・技術を映像やパネル展示で紹介する。

var microadCompass = microadCompass || {};microadCompass.queue = microadCompass.queue || [];microadCompass.queue.push({"spot": "2855f6f1517a0e35089113339090f10c"});googletag.cmd.push(function() {var slot = googletag.defineSlot('/62532913/p_autoprove_300x250_kiji2ndright_20391', [300, 250], 'div-gpt-ad-1540274856377-0').addService(googletag.pubads());googletag.enableServices();flucttag.showDfpAd(slot);});「i-mobility TYPE-C」は、車室内やドライバーを検知する技術と車体製品との連携で、乗員の動きや状況に合わせたドアの開閉やシートの調整、忘れ物のお知らせなど、快適な移動のためのおもてなしのデモンストレーションを行なう。

アイシン 関連情報アイシン 公式サイト

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ