【男女別】これが脈ありLINE! 好きのサインを見逃さないで

 【男女別】これが脈ありLINE! 好きのサインを見逃さないで
好きな人や気になる人から来たLINE。何げない会話もあれば、「これってもしかして……?」なんて少しその気になってしまうような内容が来ることも。でも顔が見えない分、本音なのか冗談なのか分からなくて戸惑ってしまうことがありますよね。
男女共に、脈ありのLINEには一体どんなサインがあるのでしょうか?

■【男女別】脈ありLINEランキング

20~30代の男女に、「好きな人からのLINEに対してついつい行ってしまう行動」をアンケート調査し、回答の多かったやりがち行動を男女別にランキングにしました。
※複数回答

【男性TOP5】
1位 たいしたことのない内容でも会話を広げる 52.9%
2位 レスが早い 40.0%
3位 質問が多い 38.6%
4位 すぐ読む(既読をつける) 34.3%
5位 スタンプや顔文字が多い 30.0%

【女性TOP5】
1位 たいしたことのない内容でも会話を広げる 15.2%
2位 実際に会う約束につなげる 14.0%
3位 すぐ読む(既読をつける) 12.3%
3位 スタンプや顔文字が多い 12.3%
5位 質問が多い 11.4%

■1位から5位までを詳しく解説!

男女共1位は「会話を広げる」
男女共に一番多かったのが「たいしたことのない内容でも会話を広げる」。好きな人とのLINEの時間は本当にこの上ない幸せですよね。少しでも長くやりとりしたい!そんな思いから、何げないような内容をついつい送ってしまうようです。「これ、今LINEで言わなくても良いのでは?」なんて内容が来たときは、もしかしたら「好き」のサインかもしれないですよ!

男性の2位は「レスが早い」
男性の行動で2位にランクインしているのがこちら。レスが早いという行動を見せることで、相手への好意を表しています。会話がテンポ良く続いているのであれば、良い傾向かも!
逆に、好意を抱いていない人からのLINEは、レスをわざと遅くしているという回答も多かったため、男性からの返信が早いのは「好き」のサインかもしれないですね!

女性の2位は「実際に会う約束につなげる」
女性からの回答で2位にランクインした行動がこちら。実際、本当に会う約束までこぎ着けるのは一苦労するものですが、もし思い合っていればスムーズなはず。男性よりも女性の方が意外と積極的なのかもしれません。

そして、男女共に3~5位に入った行動は以下の3つでした。

すぐ読む(既読をつける)
すぐ読んで既読をつけるかつけないかは、LINEをやりとりする上ですごくセンシティブな問題ですよね。恋愛に限らず、相手がなかなか既読にならなくてモヤモヤした経験は、誰しもあるのではないでしょうか。
既読にしたら、「早く返信します!」とアピールしているようなもの。既読のつくスピードの早さも、相手への好意が隠れていそうです。

質問が多い
話題を広げる上でも、相手のことをもっと知りたいという思いからも、やはり質問が多いのは好きの証拠。気になる人のことは何でも知りたくなってしまうものです。中でも異性に関する質問や、パーソナルな質問をされたら、かなり「好き」のサインかもしれないですね。

スタンプや顔文字が多い
好意のない相手にはあまり顔文字やスタンプは使わないという回答も多かったため、そっけない文字のやりとりだけでなく、積極的に会話を楽しくしようという気持ちの表れの一つなのかも。しかし男性の場合、もともとメールやLINEで顔文字やスタンプを使わない人も多いので、一概には言えなさそうですね。

■【男女別】脈なしの行動はこれ

【男女別】脈なしの行動はこれ

逆に、脈なしの場合はどんな行動を取りがちなのでしょうか?20~30代の男女に、「特に好きではない人とLINEでやりとりをするときにやりがちな行動はありますか?」とアンケート調査し、その回答を男女別にランキングにしました。

■【男女別】脈なしLINEランキング

【男性TOP6】
1位 レスが遅い 47%
2位 用事があるときにしか送らない 42.4%
2位 会話をすぐ終わらせる 42.4%
4位 すぐ読まない 34.8%
4位 自分のことをあまり話さない 34.8%
6位 質問が少ない 33.3%

【女性TOP5】
1位 すぐ読まない 22.6%
2位 レスが遅い 21%
3位 用事があるときにしか送らない 20.2%
4位 会話をすぐ終わらせる 16.1%
5位 質問が少ない 6.5%

男性は脈ありランキングの2位に「レスが早い」が入り、脈なしランキングでは「レスが遅い」が堂々の1位。「レス」のスピードが早いか遅いかが、好きかどうかのバロメーターになっているようです!なかなか返事をくれない男性は脈なしなのかも……。
女性の場合は、既読がなかなかつかなかったり、やりとりの頻度が低かったりする場合は「脈なし」の可能性が高いようです。

■男性が「レスが遅い」「返信が短い」ときの本音

男性が「レスが遅い」「返信が短い」ときの本音

上記のランキング結果もあり、気になる彼からのレスが遅い、返信が来たけどそっけない……。やっぱりこれって脈なしなの?そんなふうに思ってしまうこと、ありますよね。実際には男性がどんなふうに感じているのかを調べてみました。

面倒くさい
●単純に面倒くさい(29歳)

●面倒くさい。もともと即レスする人が苦手なので時間を置くため即レスしない(27歳)

●面倒だから短くなってしまう(29歳)

●誰に対しても、返信が遅くなりがち。そもそもLINE自体が面倒くさい(27歳)

相手に興味がない
●興味がない人は後でいいと思う(23歳)

●男女問わず、興味がある人や事柄以外には返信が遅くなりがち(29歳)

●興味がない人には、悪く思われてもなんとも思わないので後回しにしてしまう(26歳)

●興味がない人や話だと面倒になって後回しにしてしまう(22歳)

相手のことを思って
●長いとがっついているように思われてしまうので余計な文章は入れないように気を付ける。答えにくいことは後回しにする(29歳)

●ちゃんと内容を見てから送りたいから落ち着いた時間にレスをする。長文は読まれない可能性がある(24歳)

●ちゃんとした内容を返信したいときに後でじっくり返そう、と即レスしないことはあります(29歳)

●大事な相手ほど返信に気を使うので、日中ではなく時間が取れる夜まで返事が遅れがち(29歳)

もともとそういう性分
●基本的に誰が相手でも変わらない。時間がないときや忙しいときは、通知画面でサラッと読んで返事は後回しにしてしまう(27歳)

●もともと、ラインを返すのは好きな人であれ嫌いな人であれ興味の有無関係なく早い方ではないので、特に何も思っていない(22歳)

●こちらのペースで返したいだけ。こっちにも都合があるので気付かないときや返信できないときもあるし、自分の性格上好きだからといって即レスはあまりしない方(27歳)

●電車などの移動時間以外は基本的にLINEを見ないから、返信はとても遅くなる。最初の1行を読んで緊急そうでない限り、誰に対しても(22歳)

●そもそもすぐ返すという概念がないので、すぐには返さない(29歳)

やはり、単純に面倒くさかったり、興味がない話題だったりという理由でレスが遅れる人が多いようです。残念ながら、脈なしの反応の一つと言っていいかもしれません。
ですが、「誰に対してもそういう対応」という声も多く見受けられました。自分以外の人にはどんな対応をしているのか、彼のタイプをよく見極めることが必要なようです。

■【男女別】勘違いしちゃったエピソード

次に、「LINEで相手から好意を寄せられている(脈あり)と、勘違いしたことはありますか?」という質問をしたところ、「はい」と回答した男性が「35.4%」、女性が「17.1%」という結果になりました。どうやら男性の方がうっかり勘違いしてしまった経験が多いようですね。
そこで、男女別にその詳しいエピソードを聞いてみました。

男性の勘違いエピソード
男性の勘違いエピソード

●毎晩のように遅くまで連絡を取っていたので、イケると思って告白したら振られました(26歳)

●よくLINEしてくれるから嬉しかったのだが、後に他の人にも満遍なくLINEしていたと分かった(29歳)

●食事に行こうという話を向こうから振ってきたのに、日程の話をしたらなぜか返信が来なくなった(29歳)

●たくさん質問してきたりして、もっといろんなことを教えてと言われたので告白したら、そんなつもりはなかったと普通に振られた(21歳)

●弱いところを自分にだけ見せていると言われ、脈があると思って告白したら振られました(22歳)

●仲良くなれるとすぐ好意があるのではないかと思ってしまう(28歳)

●会うと優しいのにLINEでそっけない態度を取られ、それをサインと勘違いし告白したら振られました(24歳)

●恋愛の相談を受けて、今の彼氏が嫌だということで「じゃあ俺と付き合っちゃう?」って、聞いたら振られた(24歳)

男性が勘違いしてしまうパターンでは、女性が誰かに構ってほしくてついつい連絡を取ってしまい、男性はそれを「好かれている」と勘違いしてしまう、ということが結構ありそうです。
では女性はどんな勘違いエピソードがあるのでしょうか。

女性の勘違いエピソード
女性の勘違いエピソード

●夜中まで連絡し合ったり、メールした内容全てに一言一言優しく返してくれたりしていたのに、彼は私の友達が好きだった(27歳)

●高校生のときに毎日LINEをしていた部活の先輩に、告白をしたら、「恋愛対象としては見てない」と振られました(25歳)

●LINEで家に誘われて行きましたが、何もされることなく寝るだけというのが何回か続きました。私は彼が好きでしたが特に告白もせず、向こうも興味がなかったのかなーと(27歳)

●旅行行こう!とかもう少し一緒にいたかったってLINEで言われたのに、次回の予定が決まらない(29歳)

●当時気になっていた人から毎日LINEが来て、「今度2人で遊ぼうよ~」と言われ浮かれて当日を迎えたら、私はただただ話しやすい相手だったようで好きな人の恋愛相談を聞かされました……(27歳)

●遊びの誘いが来たと思ったら体目的だった(26歳)

●毎日LINEをしたり、長電話をしたりしていたが、振られた(27歳)

女性を勘違いさせてしまうパターンでは、恋愛対象ではないけど話しやすいから、という理由でLINEを頻繁に送ってきている、ということが多そう……。

■脈ありサインは「相手を知りたい」気持ち

脈ありサインは「相手を知りたい」気持ち

レスの早さや頻度というよりも、会話が長く続いたり、相手への質問が多かったりすることが脈ありのサインという傾向が分かりました。ただ、LINEのやりとりだけで判断するのは難しいこともあるので、脈ありのサインなのかどうかの判断は慎重に!
実際に会って気持ちを見極めるのが一番ですが、せっかくの相手からの「好き」のサインを見逃さないように、ぜひこちらの記事を参考にしてみてください!

取材・文/ペパーミント

【データ出典】
アンケート名:ゼクシィユーザーアンケート
調査期間:2019/7/29~2019/8/7
有効回答数:129人(女性)

アンケート名:ご自身に関するアンケート
調査期間:2019/8/6~2019/8/8
有効回答数:206人(男性)
(インターネットによる20代男性へのアンケート調査 調査機関:マクロミル)

当記事はセキララゼクシィの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ