ドバイで見つけた『おにぎり自動販売機』 まさかの酢飯使用に衝撃

しらべぇ

2019/10/10 10:30




中東の一大観光地・アラブ首長国連邦のドバイでも、和食は大人気! 最近は日本人が経営する日本料理店も増えてきたが、かなり珍しいものを発見した。

それは、ドバイメトロの改札近くにあった『おにぎり自動販売機』。日本でもたまに見かけるが、まさかドバイでも置いてあるなんて…

■自販機はドバイの駅に




おにぎり自販機が置いてあったのは、ドバイメトロ『ドバイインターネットシティ駅』。オフィスビルが近くに多数あり、アジア系スーパーマーケットも近い駅だ。



自販機内のラインナップは巻き寿司とおにぎりのみ。さっそくおにぎりを買ってみることにした。


関連記事:スシローが掟破りの『悪魔でも寿司』を発売! 悪魔のおにぎりとの違いとは

■2つで13ディルハム




おにぎりは大きめのサイズのものが2個で13ディルハム(約380円)と、ドバイにしてはリーズナブル。



フタを開けてみると…え、なんで魚の入れ物(タレビン)に醤油が入ってるの!? ドバイ風おにぎりは醤油をつけて食べるのだろうか?

■まさかの酢飯使用




具はたっぷりで美味しそうなのだが、ひと口食べてみると衝撃の味が!



なんと、ガッチガチに固められた酢飯を使っていたのだ。これはおにぎりの形をした寿司のような何かである。日本人が知っている寿司でもない、おにぎりでもない、別の何かだ。

■本物のおにぎりが食べたい


醤油をつければなんとか食べられたが、残念なことにおにぎりとしても寿司としても完成度は低い。というか、おにぎりに酢飯を使わないことを知らないのだろう。

ドイツやテキサスでは日本のおにぎりと変わらない味を楽しめたが、まだドバイの街中では難しいようだ。

・合わせて読みたい→ドバイの富豪がユニクロの『エアリズム』を着てみた結果

(取材・文/しらべぇ編集部・熊田熊男

当記事はしらべぇの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ