オジー・オズボーン、ツアー延期を発表するビデオ・メッセージを公開「死にそうなわけじゃない」

Billboard JAPAN

2019/10/10 10:00



現地時間2019年10月9日、オジー・オズボーンが、新たなビデオ・メッセージで現在の健康状態について自ら語り、ヨーロッパ・ツアーを延期することを発表した(https://twitter.com/OzzyOsbourne/status/1181967388591316992)。

「自分の現状の健康状態についてみんなに話すためにこの場に来た」と前置きしたオジーは、今年初頭に転倒したことで椎骨を負傷してしまい、手術を受けなければならなかったと説明。そして現在自分の首には、愛車よりも多くナットやボルトが埋め込まれていると冗談を放つと、「別に死にそうなわけじゃない。回復はしてきている―ただみんなが思っていたよりも長く時間がかかっているだけだ」とファンを安心させた。

回復するために「毎日ずっとベッドで過ごさなきゃならなくて、退屈でしかたがない」と話したオジーだが、2020年1月~2月にかけて予定されていたヨーロッパ・ツアーは延期しなければならないそうだ。そして「引退はしない―まだやらなきゃいけないライブがあるから」と念押しすると、予定通り開催される5月のアメリカ・ツアーで復帰した際には「みんなをあっと言わせてやる」と意気込みを語った。

そして最後に、ニュー・アルバムを近々リリースする予定であることを明かすと、ヨーロッパ・ツアーを一緒に行う予定だったジューダス・プリーストをはじめ、バンドやツアー・スタッフ、プロモーターのライブ・ネイションに感謝した。

当記事はBillboard JAPANの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ