うちの猫さまが仏像に!拝みたくなる爪とぎ、開発したフェリシモ猫部を直撃

女子SPA!

2019/10/10 08:46

 猫好きさんの心をワクワクさせる魅惑的な猫グッズは世の中に数多くあふれていますが、中でも異彩を放っているのが「フェリシモ猫部」が開発するオリジナルグッズ。斬新な発想力を活かした猫グッズはユーモアに富んでおり、「使ってみたい!」と思わされます。

今年の9月18日に予約発売が開始された「おてらぶとコラボ! 愛猫はわが家のご本尊 光背つめとぎ」も、そのひとつ。こちらはお猫様が爪とぎをされたり鎮座してお休みされたりすると、まるで仏さまのように見える積層ダンボールつめとぎ。

今回は、フェリシモ猫部に開発秘話や商品に込めた想いなどを取材しました。

◆お寺で祈祷も!「光背つめとぎ」の開発秘話

――そもそもなぜ「光背」と「つめとぎ」をコラボさせようと思ったのでしょうか。

フェリシモ猫部「企画担当はSNSなどで猫の写真を眺めるのが好きなのですが、その中でも朝日を浴びて光り輝いていたり仏壇に鎮座してしまったりと、猫が偶然見せる仏のような尊みあふれる姿が好きで何か企画に繋げられないかなと思っていました。

猫と暮らしていらっしゃる方は猫への愛があふれ過ぎてしまい、『お猫さま』と崇めていらっしゃることも多いので、猫の背景に仏像の光背が設置できれば人工的にいつでも猫を尊い雰囲気にさせられるのではないかと考えたんです。猫部は“猫にも人にもうれしいグッズ開発”をコンセプトにしているので、ただ写真映えする舞台装置ではなく猫にも嬉しい『つめとぎ』というアイテムを光背にしようと決めました」

――企画がスタートしてからは、どんな風に開発を進めていったのでしょうか。

フェリシモ猫部「フェリシモにはお寺の教えやその生活文化から現代の暮らしを心豊かにするヒントを見つけようと活動している“おてらぶ”(=お寺部)という部活動があり、仏像に関する有識者がいたので、力を借りました。

“おてらぶ”と猫部のコラボは今回が初です。企画段階ではお猫さまの健康を祈願し、兵庫県神戸市の須磨寺で小池陽人さんと土子善信さんに護摩祈祷をしていただきました。

土子さんは愛猫家で、猫談義に花が咲きました。また、小池さんはYouTubeで『須磨寺小池陽人の随想録』というチャンネルをお持ちであるため、商品発売後にファンの方から今回のコラボが嬉しいとDMをいただきました」

◆人もお猫様も大満足できる“こだわりポイント”

――開発時はどんな部分にこだわったのでしょうか。

フェリシモ猫部「仏教界に猫の仏さまはいらっしゃらないので通常の仏像をヒントに、女流仏像画家の田中ひろみさんや、おてらぶ部長と何度も打ち合わせしながらデザインを検討しました。

光背にいる7匹の小さな化仏(けぶつ)のアイディアは田中さん、猫全身に光背がかかるように舟形光背を提案してくださったのはおてらぶ部長です。アラベスク模様はマタタビにしようなど、猫部企画担当からの猫要素リクエストも詰め込みました」

――お猫様視点でのこだわりポイントはどこなのでしょうか。

フェリシモ猫部「爪がとぎやすく寝心地もよいように、蓮台部分はなだらかな曲線になっています。

価格とのせめぎあいでしたが、できるだけ座面の奥行き・横幅が大きくできるよう、3度ほどミリ単位で設計を修正しました。光背の部分は高さもあるので、立って爪とぎをする派の猫にもぴったりです。

裏面に貼付する滑り止めシールもセットされているのでフローリングなどでも滑りにくく、猫にストレスなくつめとぎを楽しんでもらえると思っています」

◆国内外から大きな反響が!

――発売開始されてから、どのような反響が寄せられているのでしょうか。

フェリシモ猫部「非常に反響が大きく、すでにたくさんのご予約をいただいております!SNSでは猫部のTwitterが6000RTされ、お寺・お坊さん界隈でも話題になっています。

真面目に企画させていただいたのが、お寺・仏像ファンの方にも響いたのかなと思います。

お客さまが拡散してくださったSNS投稿でも『こんなことをするのは猫部しかいないと思った(褒めてる)』『またフェリシモがやってくれた』など、嬉しいお声をたくさんいただいています」

――国内だけでなく、海外からの反響もあったそうですね。

フェリシモ猫部「フェリシモのグローバル販売のFacebookでは中国をはじめ、海外の方からも多数反応をいただいており、『哈哈哈哈(爆笑)』『好笑但好喜歡(めっちゃ面白い!)』といったコメントが1800件近く寄せられています。中国等でも記事化されているようで光栄です。

――意外ですが、積層ダンボールの爪とぎをグッズ化されるのは初めてなのだそうですね。

フェリシモ猫部「はい。爪とぎの販売はこれまでに6アイテムほど行いましたが、今回の企画のような積層ダンボールの爪とぎは初です。ちなみにフェリシモ猫部には他にも、同時期お届けの個性的な予約グッズがたくさんあります。

口からお茶が出るポットや秒針が魚の猫時計なども併せてチェックしていただければと思います」

ただ映えるだけではなく、お猫様の気持ちも考えた商品作りをされているフェリシモ猫部。その猫愛が伝わってくるからこそ、フェリシモ猫部の猫グッズはこんなにも話題になり、愛されているのだと思わされます。

<文/愛玩動物飼養管理士・古川諭香>

【古川諭香】

愛玩動物飼養管理士・キャットケアスペシャリスト。3匹の愛猫と生活中の猫バカライター。共著『バズにゃん』、Twitter:@yunc24291

当記事は女子SPA!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ