ミキ亜生、新木優子の元カレ役で連ドラ初出演 緊張で手が震える


お笑いコンビ・ミキの亜生が、フジテレビ系ドラマ『モトカレマニア』(17日スタート、毎週木曜22:00~ ※初回15分拡大)の第1話にゲスト出演することが決定。連ドラ初出演を果たす。

『Kiss』(講談社)で連載中の瀧波ユカリ氏原作の同名コミックを原作に、元カレ・マコチ(高良健吾)の存在を引きずり、“モトカレマニア(MKM)”になった主人公・難波ユリカ(新木優子)の混乱と暴走と試行錯誤を描いていく同ドラマ。亜生は、ユリカがマコチと別れた後に付き合った彼氏の1人を演じる。

デート中に職場の上司の愚痴を言い続け、悪態をつくキャラクターで、その態度はユリカの恋愛遍歴の中でもひどく、マコチの大切さをかみしめることになる。

初出演のシーンを終え、亜生は「緊張しかしてなかったです。たった一言でしたけど、手の震えを映さない努力で、セリフとか動作がおろそかになってしまいました」と心境を吐露。さらに、「ドラマということにも緊張しましたが、新木さんが目の前にいることにさらに緊張しました。1人の撮影かなって思って現場に行って、パッとみたら“新木さん同じ部屋にいるぞ!ヤバイ”って思って、一気に緊張してしまいました」と振り返った。

そして、「僕の役者人生の記念すべき第1歩目を皆さんに見てもらいたいなと思っています。新木優子さんとの2人っきりシーンを見てもらえればと思っています。よろしくお願いします」と呼びかけている。

(C)フジテレビ

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ