iOS 13で使えるSiriのカスタムショートカット集150


現在ほぼすべてのApple製デバイスにあらかじめ搭載されているSiriですが、iOS 13のリリースによって、このAppleのAIアシスタントはますます多くのことに使えるようになりました。

Siriは、特に『ショートカット』アプリと合わせて使うと、たいていのユーザーが何かしらの用途に活用できます。

でも、Siriのショートカットをカスタマイズすれば、Siriに慣れた人も初心者も、iOSデバイスをさらに便利に使いこなすことが可能になるのです。

ショートカットは、Appでの1つまたは複数の作業をすばやく完了するための機能です。

「ショートカット」Appでは、複数の手順を組み合わせた独自のショートカットを作成できます。

Appleより引用

Siriショートカット集がすごく便利!

1910shotecut_2
Screenshot: Matthew Cassinelli/My Siri Shortcuts Library

といっても、わざわざ自分でショートカットを作成するより、すでに出来上がっているカスタムショートカットをインポートするのがお勧めです。

たとえば、開発者のMatthew Cassinelli氏が作成した、150種類を超える膨大なショートカット集はいかがでしょう。

Cassinelli氏のショートカット集の用途は多種多様。
  • 複雑な日々のルーチンの作成に役立つもの
  • さまざまなアプリでテキストの口述や記述、手軽な編集を可能にするもの
  • 重要なタスクを自動化するもの
  • 健康管理に関するリマインダーを設定するもの
  • メディア再生やゲーム用にデバイスを最適化するもの など

さまざまなショートカットが含まれています。本当に、その種類の幅広さはすばらしいとしか言いようがありません。

Cassinelli氏のSiriショートカット集は、以下の製品や規格に対応しています。
  • iPhone
  • iPad
  • AirPods
  • Apple Watch
  • HomePod
  • CarPlay

Siriショートカットのインポート設定方法

1910shotecut_1
Screenshot: Airtable

Cassinelli氏のショートカットを利用するには、まずそれをインポートする必要があります。

ショートカット集は「Airtable」を通じて提供されており、1つ1つに説明や利用上のガイドラインがついています。

Airtableのリストをスクロールして、自分の使いたいショートカットを見つけてください。

使いたいショートカットの「iCloud」という列にあるリンクをクリックしたら、「ショートカットを入手」をクリックまたはタップして、自分のショートカットアプリにインポートします。

インポートしたショートカットには、Siriやデバイス上のショートカットアプリ、またはiCloudからアクセスできます。

あわせて読みたい

Source: Matthew Cassinelli,My Siri Shortcuts Library,Airtable

Screenshot: Apple,Matthew Cassinelli/My Siri Shortcuts Library,Airtable

Brendan Hesse - Lifehacker US[原文

当記事はライフハッカー[日本版]の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ