血液型別基本性格!A型の表と裏

カナウ


血液型別基本性格!A型の表と裏

日本人に最も多いといわれているA型。

それだけに、一番身近に感じやすい血液型といえるのかもしれません。しかし、A型の“裏の性格”まで知っている人は、どのくらいいるでしょうか。

今回は「血液型別基本性格!A型の表と裏」をまとめてみました。ぜひ、気になるA型のあの人の人となりを把握するヒントにしてみては……?

目次



A型は記憶力の人


A型というとちょっと優柔不断で、消極的で慎重な性格に見えることが多いのではないでしょうか。
男性もいわゆる草食系男子のイメージが強いかもしれません。
自分からグイグイとリードするより、女性に引っ張ってもらうなど受け身な姿勢が多い……そんな印象を持つ女性もいるでしょう。
しかし、A型は意外と大胆な行動を取ることもあるのです。
元々A型の思考回路は、記憶を中心に占めることが多いといわれています。
A型が受け身な性格に映るのは、未経験のことに対してどうしても慎重になってしまうからです。
新しい趣味を始めるのに腰が重いのも、やったことのない仕事に慎重になるのも、すべては経験がないため。
そうした姿が優柔不断だとか消極的といった印象を与えてしまうのでしょう。
逆を返せば、経験済みのことは大胆な行動に出やすいのです。
それこそ経験をたっぷりと積んだA型は、むしろ頼もしく、物怖じする姿勢は一切見せません。
それだけ、A型は記憶力の人といえます。
未経験のことに対しては強い警戒心を抱き、辛い経験をしたことにはなるべく避けようとします。
やったことのないことに楽しむ姿勢で臨むのは、A型にはちょっと難しいかもしれません。

意外と大胆なところもある


前述のとおり、未経験のことや情報量が少ないことに対して、A型は慎重かつ極力避けようとします。
それゆえ心配性という印象も強いでしょう。
しかし、自分が大丈夫と踏んでしまえば、そこからの行動は早いのがA型です。決断も早くなります。
「大丈夫」と判断するまでに、さまざまな経験を積んだり、情報を得たりすることもA型の決断や行動を後押しするひとつの方法です。
たとえば自分が普段している行動や習慣がつつがなくできたときも、自信を得やすくなります。
車の運転に例えるとわかりやすいでしょう。行ったことのない目的地でも、助手席に案内役の友達がいたり途中まで行ったことがあれば、すいすいと走れるのです。
ほかにも、道路の交通状況がよかったり、天気がよければ気持ちよく運転ができるでしょう。
すなわち「これなら大丈夫かな」というポイントが積み重なれば、「まあ大丈夫だろう」と意外と大胆に走り出す自信が持てたりするのです。
A型は消極的で慎重なように見えて、意外と大胆不敵なところもあります。そのときはむしろ怖いもの知らずで、行動も積極的に映るかもしれませんね。

経験と記憶がその人を決める?


A型は記憶と経験が思考回路の中心にあります。
仕事でも教えられた通りに実践することが多いでしょう。
よく「年齢を重ねるほど頑固になる」といいますが、A型も思考が記憶と経験によるため、自分の価値観を変えることが苦手なタイプかもしれません。
とはいえ、日ごろからいろいろな人と付き合うことで、価値観や視野を広げることはできます。日ごろからたくさんの経験を積むことで、人間味にあふれた、素敵な大人になれるでしょう。
仕事、趣味、友達付き合い、デートなど……いろいろな場面でそうしたことを意識できると、A型の成長は目に見えて大きいものとなります。

おわりに


好きになった人がA型だった――そんな場合は上記のポイントを頭のなかに踏まえておくだけでも、付き合い方のヒントが見えてくるのではないでしょうか。
(柚木深つばさ/ライター)
【参考文献】
『気になることが全部わかる!怖いくらい当たる「血液型」の本』長田時彦(三笠書房)

当記事はカナウの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ