ダイハツ 2019年内発売モデルから「ダイハツコネクト」サービス開始

オートプルーブ

2019/10/9 20:00

ダイハツは2019年10月7日、スマートフォンとディスプレイオーディオ、カーナビゲーション(コネクト対応車載機)と接続できるるサービス「ダイハツコネクト」の提供を、年内に発売するDNGA採用第の2弾新型モデルから開始すると発表した。

ダイハツは「先進技術をみんなのものに」という考えのもと、ユーザーの負担が少ないスマートフォンを活用したコネクト方式を採用。同時に、車内での通信をサポートする「ダイハツWi-Fi」の提供も開始する。

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); googletag.cmd.push(function() {var slot = googletag.defineSlot('/62532913/p_autoprove_300x250_kiji2_20391', [300, 250], 'div-gpt-ad-1540274792174-0').addService(googletag.pubads());googletag.enableServices();flucttag.showDfpAd(slot);});「ダイハツコネクト」は、クルマとユーザーのスマートフォンを連携させることで、手軽にコネクトサービスを提供可能としている。ドライバーやその家族などのスマートフォンに、ダイハツコネクトアプリをインストールすることで、もしもの時の安全・安心を提供する「つないでサポート」、クルマとドライバーを見守る「見えるドライブ」、クルマの状況をスマートフォンから確認できる「見えるマイカー」、クルマのメンテナンス管理をサポートする「つないでケア」という4つのサポートを使用可能としている。

また「ダイハツWi-Fi」は、車内にWi-Fiルーターを設置することで、車内でスマートフォンやタブレットとWi-Fi接続が可能になり、コネクト対応車載機の購入者には、車内で使用可能なWi-Fiルーターと、サービス利用開始から3年間、1GB/月のデータ容量を無料提供する。

コネクトサービスの利用のほか、後席でスマートフォンやタブレット端末などを使用するなどしても通信料金を大幅に軽減できる。さらにより多くの通信量が必要なユーザーには、様々な有料プランも準備するとしている。

また、19年内発売予定の新型モデルで採用されるディスプレイオーディオは、SmartDeviceLink(SDL)とApple CarPlayも利用可能になる。

ダイハツ 関連記事ダイハツ 公式サイト

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ