「ゴジラフェス」でゴジラ生誕65周年を祝うスペシャルイベント開催、宝田明らが参加


「ゴジラ」生誕65周年となる今年、3回目となるゴジラ生誕を祝うフェスイベント「ゴジラ・フェス2019」が、日比谷ゴジラスクエア、東京ミッドタウン日比谷 日比谷ステップ広場にて、11月3日に開催される。

日比谷ステップ広場に設置された特設ステージでは、ゴジラ生誕65周年を祝うスペシャルイベントを開催する。オープニングを飾るのは、1954年『ゴジラ』の主演で芸能生活65周年を迎える宝田明と、ゴジラのキャラクターデザインなどを手掛けた漫画家の西川伸司氏。巨大なキャンバスに西川氏がライブドローイングで初代ゴジラを描き、完成後に宝田明登壇する、ゴジラフェスのオープニングセレモニーを開催する。ほかにも、65周年にふさわしいさまざまなゲストの参加を予定しているという。

さらに、ゴジラたちをイメージした飲食メニュー"Gフード"が今年も登場。今回は日比谷シャンテB2Fの飲食店でのメニューや、ちびゴジラのメニューも用意されている。

またゴジラ・ストアでは、「ゴジラ・フェス2019」グッズや、新商品、ゴジラ・ストア限定グッズなど30点以上が勢揃い。フェスグッズは事前販売を数量限定で販売中。

東宝ツインタワービル2F特設会場では、「ゴジラ・フェス展示コーナー/怪獣人形劇 ゴジばん上演コーナー」(入場チケットは当日9時よりゴジラ・スクエア物販テントで販売:500円/税込)を実施。機龍隊のユニフォームなど、ゴジラ映画で使用された貴重な衣装や、スーツとジオラマで組まれたフォトスポットなどが展示予定となっている。また、フィギュアを飾って写真撮影を楽しめるミニジオラマコーナーも設置。さらに、YouTubeチャンネル「東宝特撮チャンネル」にて毎週金曜17時~放送中の『怪獣人形劇 ゴジばん』初の生上演が決定。ゴジラくんやリトルたちの楽しい人形劇を生で見て楽しめる。「ゴジラ・フェス」でしか見ることのできない話や、初解禁となる怪獣もいるという。

加えて、ステッカーラリーを今年も実施。指定の場所でゴジラ関連商品を購入すると、ステッカーをもらえる。今回は2019年に周年の作品がピックアップおり、集めたステッカーをゴジラ・フェスの本部テントに持っていくと2枚で「銀」、4枚で「金」のオリジナルステッカーがもらえる。また、今年3月に実施された「ゴジラ検定」の合格者証を写真に撮って本部テントに持っていくと「銅」のステッカーがプレゼントされる。

TM & (C)TOHO CO., LTD

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ