Wakana “秋の桜ソング”をタイトルチューンとした自身初となるEP盤『アキノサクラEP』リリース決定

SPICE

2019/10/9 18:00


女性シンガー“Wakana”が、11月20日(水)、自身初となるEP盤『アキノサクラ EP』を、CDパッケージおよびストリーミング&ダウンロード配信で同時リリースすることが決定した。

タイトルチューン「アキノサクラ」は、桜満開の季節に始まった恋をいま、枯葉舞い散る秋にひとり想う“秋の桜ソング”。アレンジには、CHEMISTRYの「PIECES OF A DREAM」などのミリオンヒットを生み出してきた藤本和則氏を起用し、秋から冬に郷愁を誘うノスタルジックな作品となっている。10月下旬にはミュージックビデオも公開される予定ということなので、こちらも楽しみに待ちたい。
初回限定版ジャケット
初回限定版ジャケット

『アキノサクラ EP』は「アキノサクラ」の他、幻想的なオーバーチュア「eve」や疾走感溢れる「恋はいつも」、親しみやすいメロディが印象的な「オレンジ」、アコースティックギターとの一発録音にチャレンジした「夕焼け」の計5曲を収録、通常盤と合わせてリリースされる初回限定盤には、「アキノサクラ」ミュージックビデオとメイキング映像が収録されたDVDが付属する。

またWakanaオフィシャルファンクラブ「Botanical Land」サイトにおいて、10月9日(水)から10月27日(日)の期間に、ファンクラブ会員で予約された方に、初回限定盤・通常盤それぞれでデザインの違うA4クリアファイルがもれなくプレゼントされる。2種類をセットで予約された方の中から抽選で160名(1部80名の2部制)を、12月22日(日)都内某所で行われる、MCに麻生夏子を迎えた「リリース記念スペシャルトークイベント」に招待する企画も発表された。詳しくは「Botanical Land」サイトをチェックしてもらいたい。

このEPを引っ下げたワンマンライブ『Wakana LIVE 2019~WINTER~」が、12月8日(日)大阪・梅田クラブクアトロ、東京・12月10日(火)マイナビBLITZ赤坂で開催されることも決定している。
Wakanaからコメント到着
私にとって初めてのEP、そして3月のアルバムリリースから約8ヶ月ぶりの新譜リリースとなります。表題曲の「アキノサクラ」は、春に出逢った”あなた”との時間を想いながら、前に進んでいこうとする曲です。メロディーに描かれる柔らかさを大切にしながら歌いました。今回のEPでは様々な挑戦をさせてもらっていて、一曲一曲に、私の歌への新しい捉え方を込めています。そしてまた今回も作詞をさせていただきました。様々な新譜を、どうぞ楽しんでいただけますように。

当記事はSPICEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ